フォト

管理人Mのお気に入り


  • Pen
    2015年12月号
    007 スペクター特集


  • ミステリマガジン
    2015年7月号
    海外ミステリ・ドラマ・ガイド


  • ムービースター
    2015年5月号
    英国俳優特集


  • SCREEN 2015年4月号
    ベネさんチューリング別冊


  • シャーロック・クロニクル
    日本語版!豪華本


  • ELLE JAPON 2015年2月号
    ベネさん特別版


  • CUT 2015年1月号
    ゲイムービー特集


  • CD付 英語でシャーロック!
    ENGLISH JOURNAL 2015年1月号増刊


  • 映画秘宝 2015年1月号
    名探偵特集


  • SCREEN 2014年12月号
    第2回英国男優総選挙

ピックアップ

  • ついに週刊誌の表紙!

    AERA(アエラ)
    2013年 9/2号

  • ベネさん表紙・ポスター・来日特集!

    スクリーン
    2013年10月号

  • マーティンさん本!

    マーティン・フリーマン
    FLIX special

  • ベネさん&マーさん本!

    Benedict Cumberbatch & Martin Freeman Complete

  • ついに!マーさんが表紙!

    SCREEN(スクリーン)
    2013年 8月号

  • 再び、ベネさんが表紙!

    ムービー・スター
    2013年7月号
    しましま靴下ベネさん
    (記事はコチラ)

  • ついに出た、ベネさん本。

    シャーロック&ベネディクト FLIX special
    発売中
    (感想はコチラ)

  • SHERLOCK:表紙再び。ミステリマガジン2013年4月号
  • シャーロック(BBCドラマ):ケースブック

    日本語版ケースブック!
    (記事はコチラ)
    必携の公式ガイドブック
    (原書の記事はコチラ)

  • イギリスびいきのブログです

    "SHERLOCK"出演クッション
    (記事はコチラ)

当ブログ必修科目

  • SHERLOCK (シャーロック)

    2014年5月、第3シリーズ放送予定(NHK-BSプレミアム)

  • Tinker Tailor Soldier Spy (裏切りのサーカス)

    2012年4月21日全国公開・DVDリリース済

  • CRIMINAL MINDS (クリミナル・マインド)

    シーズン8放送中(WOWOW)

ランキング参加中

ネタバレについて

  • 海外ドラマ・映画の記事はネタバレですのでご注意下さい(基本的には国内放送・公開後)。 意図的に黒色テキストを使用している場合があります。カーソルで反転させてお読み下さい。
無料ブログはココログ

カテゴリー「72.ボクたち空港なう。」の6件の記事

2011/11/11

【ボクたち空港なう。】#6 自分を曲げることはできかねます(最終回)

いよいよ"最終便"です。ちょっと寂しい。

今回は最終回ということで、主要キャラに一応の結末が用意されているような感じです。でもそれだけではなく、新キャラも出てくる!なかなかにぎやかな最終回。

まずいきなり、フライローがストライキになっているという・・。説明に追われるタージは英語が怪しい(笑)

入国管理官のイアンは、ポーランド人に失礼な言葉を浴びせていたら、駐英ポーランド大使でした。停職処分。

パイロット志望のトミーは、残念ながら試験には不合格。バーガー店もやめることに。可愛いけど徹底的におバカさんに描かれていますね。彼の英語は訛っているらしく特に聞き取れません・・。

ベスト乗務員賞を狙っていたファーガルですが、数々の悪行がバレて結局クビに。着陸の時に「マリア様にお祈りを」とアナウンスしていたのがツボです(笑)

ファーストクラス客室乗務員のペニーはエコノミークラスを手伝うことになりますが、見下した態度が露骨過ぎて笑えます。(実はエコノミーの客はこう思われているのだと教えてくれる?深いネタ)

毎週クレームをつけにくる夫婦、今回のクレームは、まずはクレームを言う相手がストライキでいないこと(笑)。でも今回の"地獄の休暇"を夫は気に入ったのか、一人でまた旅立ちました・・。

空港でパブを経営する夫婦は初めて登場したと思いますが、"常連"を作ろうとする姿が健気で笑えました。かなり走っていましたね~。

なかなか興味深かったネタは、障害者補佐担当の女性が車椅子に乗っているネタ。しかしどんどん車椅子が増えていきます・・。これはなかなか深い示唆に富んでいますよ?!

最終回ラストのオチは、フライローのカウンター業務を、ベトナムの子供が担当しているという・・。社長が皆クビにしちゃったから?
最後まで冗談キツいわ~

さて、こうして"最終便"は到着してしまいましたが、本国ではシーズン2の"テイクオフ"が決定しているようです(BBCのブログより)。ちょっと滞っているようですが。

日本への"到着便"が楽しみです!

2011/11/04

【ボクたち空港なう。】#5 ライバルも大切でございます

今回は面白いネタが多かった印象です。もちろんよくわからない部分もたくさんあるのですが。

新キャラも登場しました。単純で面白かったのが、トイレでオペラを歌って聴かせる掃除担当の人。しかも上手い(笑)
可愛い犬たちが登場する麻薬探知犬の話はなかなかブラックでした。
刀剣を機内に持ち込もうとする団体も気になりますが、調べ始めるとキリがないのでやめておきます・・。またフランスへの敵意?が感じられるネタでした。

入国審査官のイアンの周りには、イギリスグッズがたくさん置いてあるのが可笑しい。王子達の写真まで飾ってあります。どれだけ好きなんだ(笑)。あいかわらず人種差別しまくりでしたねぇ

パパラッチ二人組の一人が、ジュディ・ディンチのスカートの中を盗撮したという話も笑えました。デイム"Dame"という称号まで王室から受けている超有名女優もネタにされてしまうのですね。本人は知っているのだろうか・・?

今回のゲストは、アンナ・フリエル(Anna Friel)という女優さん。私は知りませんでしたが、最近公開していた「リミットレス」にも出ている有名な美人女優さんらしいです。

驚いたのは、彼女が見事なスキンヘッドで登場したこと!最初は何か事情があってこういう頭なのかと思ったのですが、"ネタ"ですよね、これ。だとすれば見事な特殊メイクです・・。
彼女は最後に「銀髪のカツラ」をかぶって去っていく、というのが番組最後のオチなのですが、あれは誰かを暗示しているのでしょうね、きっと。
カツラ疑惑があったかどうかは知りませんが、ブラウン元首相とか・・? 2010年5月頃にキャメロン首相に交代しているようなので。このエピソードは2011年1月の放送ですし。
違うかな?ごめんなさい、ブラウンさん!(とりあえず謝っておく)

2011/10/28

【ボクたち空港なう。】#4 機内サービスをお楽しみください

今回はそれほど大笑いできるところはなかった印象です。
人物ネタがわからないので笑えないのです。ちょっとだけ調べてみました。

フライローの社長が罵っていた"Daybreak"というテレビ番組は、イギリスのITVで放送している朝の番組のようです。
社長はプレゼンターの女性を出っ歯、男性をジャガイモと思い切り罵っていましたが、写真を見てなるほど・・(笑) いや、そんなに出っ歯じゃないと思いますが。

ITV Daybreakのサイト

今回のゲストは、バーバラ・ウィンザーという女優さん。これまた私は知らない方です。
勲章をもらっている有名人のようですね。
よくわかりませんが、M.B.E. (Member of the Order of the British Empire)という勲章は名誉なのでしょうね。

入国審査官のイアンは毎週登場していませんか?お気に入りキャラなのかな(笑)
彼にとってスコットランド人は"侵略者"。絶対阻止すると張り切っています。
私は世界史に疎くて解説できませんが、イングランド人とは民族が違うようです。
"イギリス人"と日本ではひとくくりにされがちですが、あまり好まれないようです。なかなか複雑。
それが笑いのネタになっているんですねぇ。

2011/10/21

【ボクたち空港なう。】#3 仕事も夢も大切にしております

3回目ということで、だいぶキャラに愛着が湧いてきました(笑)

妙にカワイイのはハンバーガー店のトミー。頭はあまりよくありませんが。
主任と彼と新入り3人でのオーダーのやりとりは、コントみたい。

今回は、映画監督志望の地上スタッフのタージが、好きな映画の紹介で、アバター、アバターと連発するのが一番笑えました。なぜかプーさんも混ざってるし(笑)

その流れで、今回の特別ゲストは、「ハリー・ポッター」のロン役のルパート・グリント。
タージが自作の脚本を無理やり渡すのですが、「ラドクリフに渡してね」がオチ。
ハリポタは確か最初の2作しか私は見ていないので、すっかり大きくなったロンにびっくりです。言われないとわからないなあ・・

今回思ったのですが、日本語字幕だとオチが先に目に入ってしまい、役者の台詞の"オチ"のタイミングと微妙にズレますね。
かと言って字幕を見ないとわからないし。うーむ難しい。

社会階級、外国人、宗教、障害者など、差別ネタがけっこうあるんですよねぇ。
NHKでは絶対放送しないだろうなあ。
BBCはイギリスのNHKだと思っていた時期もあったのですが、今では全くそう思っていません(笑)

2011/10/14

【ボクたち空港なう。】#2 手荷物ルールをお守り下さい

2回目の放送です。だんだん、きわどくなってきましたかね~

女王陛下までネタにするとは・・(笑)
ゲイネタも定番ですね、この方たちは。

今回はゲストに有名なシットコム「フレンズ」のロス役、デヴィッド・シュワイマーが登場!
ロス、久しぶり~!変わってないなぁ。
お下劣DVDを持ち込んで税関で止められる役です(笑)
マット・ルブランク(ジョーイ役)へのお土産だと弁解。
ジェニファー・アニストン(レイチェル役)の名前も出てきました。
「フレンズ」を見ていないとわからないですね。人物がネタになっていると難易度が高いです。

私が可笑しかったのは、操縦室でのパイロット夫婦のやり取り。
着陸降下中に妻の方が管制官に「声がステキ、フェイスブックやってる?」等々話しかけます。
それをたしなめる夫に「浮気したのはどこの誰でしたっけねぇ!」と逆ギレする妻。
狭い操縦室の"沈黙"が笑えます・・

2011/10/07

【ボクたち空港なう。】#1 初めてのお客様はご注意ください

"Come Fly With Me" 2010年イギリス 全6話
(邦題「マットとデヴィッド ボクたち空港なう。」は少々長いのでタイトルでは短縮しました)

邦題が斬新ですね・・

WOWOWさんは以前よりイギリスのコメディを夜中に放送してくれています。
このコメディは「リトル・ブリテン」のあの二人(マット・ルーカス、デヴィッド・ウォリアムズ)による、空港を舞台にしたドキュメンタリーの形を借りたコメディです。

「リトル・ブリテン」でもそうでしたが、何とたった二人でほとんどの登場人物を演じ分けているのです!凄い特殊メイクと演技力。

正直「リトル・ブリテン」は内容がブラックすぎて笑えない部分も多かったのですが、こちらの方がわかりやすいというかソフトというか、素直に笑えました。
いや、まだ1回目しか見ていないので、今後はどうかわかりませんが・・

ちなみに1回目には、日本のおっかけギャル、ななこ&あすかも登場します。
気持ち悪い・・(笑) 何でこうなるのか謎です。
彼女たちが追いかけていたMartin Clunes さんって、私は知らないのですが有名な俳優さんのようです。
でも若い子が追っかけるような人じゃないですよね。そこが笑いのツボなのかな。
こういうツボがわからないのが悔しいんですよね。海外コメディって。

オープニングとエンディングの、空港で見かけるボードのような「パタパタ」文字がお洒落で気に入りました!

番組トレイラー

WOWOWの番組紹介サイトななこ&あすかもお客様のところにいます。笑)

BBCの公式サイト(日本からは見られない動画もあります)

BBCさん、"SHERLOCK"といい、色々とステキです・・。

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お気に入り俳優さん出演

10ヵ月以上前の月

  • ↓「バックナンバー」クリックで表示されます
    (2011年9月~)