フォト

管理人Mのお気に入り


  • Pen
    2015年12月号
    007 スペクター特集


  • ミステリマガジン
    2015年7月号
    海外ミステリ・ドラマ・ガイド


  • ムービースター
    2015年5月号
    英国俳優特集


  • SCREEN 2015年4月号
    ベネさんチューリング別冊


  • シャーロック・クロニクル
    日本語版!豪華本


  • ELLE JAPON 2015年2月号
    ベネさん特別版


  • CUT 2015年1月号
    ゲイムービー特集


  • CD付 英語でシャーロック!
    ENGLISH JOURNAL 2015年1月号増刊


  • 映画秘宝 2015年1月号
    名探偵特集


  • SCREEN 2014年12月号
    第2回英国男優総選挙

ピックアップ

  • ついに週刊誌の表紙!

    AERA(アエラ)
    2013年 9/2号

  • ベネさん表紙・ポスター・来日特集!

    スクリーン
    2013年10月号

  • マーティンさん本!

    マーティン・フリーマン
    FLIX special

  • ベネさん&マーさん本!

    Benedict Cumberbatch & Martin Freeman Complete

  • ついに!マーさんが表紙!

    SCREEN(スクリーン)
    2013年 8月号

  • 再び、ベネさんが表紙!

    ムービー・スター
    2013年7月号
    しましま靴下ベネさん
    (記事はコチラ)

  • ついに出た、ベネさん本。

    シャーロック&ベネディクト FLIX special
    発売中
    (感想はコチラ)

  • SHERLOCK:表紙再び。ミステリマガジン2013年4月号
  • シャーロック(BBCドラマ):ケースブック

    日本語版ケースブック!
    (記事はコチラ)
    必携の公式ガイドブック
    (原書の記事はコチラ)

  • イギリスびいきのブログです

    "SHERLOCK"出演クッション
    (記事はコチラ)

当ブログ必修科目

  • SHERLOCK (シャーロック)

    2014年5月、第3シリーズ放送予定(NHK-BSプレミアム)

  • Tinker Tailor Soldier Spy (裏切りのサーカス)

    2012年4月21日全国公開・DVDリリース済

  • CRIMINAL MINDS (クリミナル・マインド)

    シーズン8放送中(WOWOW)

ランキング参加中

ネタバレについて

  • 海外ドラマ・映画の記事はネタバレですのでご注意下さい(基本的には国内放送・公開後)。 意図的に黒色テキストを使用している場合があります。カーソルで反転させてお読み下さい。
無料ブログはココログ

カテゴリー「53.Tinker Tailor Soldier Spy」の20件の記事

2013/07/27

【Tinker Tailor Soldier Spy】裏切りのサーカス:部屋の温度が下がる、ヒヤリとしたオリジナルサウンドトラック

暑いです!連日ジメジメと暑いんですよ!うおー!

と、暑苦しい文章で書き始めてしまいましたが、そんな日々にぴったりのサントラを入手したのでご紹介です。

当ブログ指定作品「裏切りのサーカス(Tinker Tailor Soldier Spy)」のサントラCDです!やっと入手しました。

コレいいですよ!オススメします。部屋の温度が確実に下がるような気がします。

ある曲は、背後に誰かがいて、見られている感じ?またある曲は、誰かに追いかけられている感じ?そして時には、甘くて物悲しい旋律。

不穏で美しい曲が詰まっていますよー!時折ぱらりぱらりと響く、ピアノの硬質な音が好みです。

映画を見たときも、あ~いい音楽だ~と思っていたのですが、音楽だけ聴いてもいいですね!

もっとも、ちょっとオバケが出そうな音楽ですから、子供はギャーとおびえるかもしれませんが・・(笑)

↓コチラのアマゾンMP3版では、全曲試聴できます。

Tinker Tailor Soldier Spy (Original Motion Picture Soundtrack)

1. George Smiley
2. Treasure
3. Witchcraft
4. Islay Hotel
5. Control
6. Polyakov
7. Alleline and Bland on the Roof
8. Safe House
9. Tarr and Irina
10. Anything else?
11. Jim Prideaux
12. Thursgood
13. Karla
14. Esterhase
15. Guillam
16. Control and Westerby
17. Circus
18. One's gone
19. Tinker Tailor Soldier Spy

 

映画を見た方なら、おなじみの名前が並んでいますね。
いつか全曲レビューとかやりますか(嘘)

なお、予告編で使われていた曲や、ラストの印象的なあの歌は収録されておりませんので、ご注意下さい。

リッキー・ターのイスタンブール回想が始まるタイミングの曲の入り方とか、すごく好きなんですけど!!

サントラ完全盤を、自分で作りたいな~
(^ ^)
 

(おまけ)

なぜサントラ購入が遅くなったかというと、サントラが含まれた「豪華版BOX」を買うかどうか、ずーっと悩んでいたからなのでした。

が、ここまで悩んでもやはり欲しいので、アマゾンUKから買いましたよ!値段も少し下がったので。

原書も英語版DVDも欲しかったので、ついでにエイヤー!とまとめて買った気分です。

(価格は変動しますのでご注意下さい)

ブルーレイが再生できないのがアレですが、TTSSが好きな方なら嬉しいセットだと思います。オマケが色々ついています。箱も立派。秘密の宝箱のようです。
モノクロ写真が・・いい感じです!トランプは普通~のトランプでしたが。

(上記アマゾンUKで、商品紹介動画が見られます)

ちょっと残念だったのは、ディスクがケースから外れやすいのでキズがついたのか、CDがちょっと音とびするんですよね。まあ許容範囲内ですが。それから、リーフレット等がないので、曲名等が不明です。・・CDだけまた買うかも(笑)

(アマゾンJPにもありましたが、ちょっとお高いような気がします。アマゾンUKは税金が引かれたのか、表示価格より少し安くなりました。)

原書は拾い読み程度しかしないと思いますが、気になったセリフや表現が確認できるのが嬉しいですね!
というか、単純に表紙がゲイリー・オールドマンのスマイリーというだけで嬉しい(笑)
(^ ^)


(関連記事)

【Tinker Tailor Soldier Spy】裏切りのサーカス:トレイラー(予告編)の曲は別の映画の音楽?(2012/04/26)

 

人気ブログランキングへ
Thank you.

2013/03/22

【Tinker Tailor Soldier Spy】裏切りのサーカス:WOWOWで放送予定(2013年5月) &早稲田松竹で「スカイフォール」と同時上映

久しぶりに「裏切りのサーカス」の話題です♪

奇しくも、昨日3月21日は、スマイリーことゲイリー・オールドマンさんのお誕生日だったようですね。おめでとうございます!
(^ ^)/

さて、そろそろかな~と思っていましたが、「裏切りのサーカス」が5月にWOWOWで放送予定とのこと。
本日届いた4月のプログラムガイドに、チラッとだけ情報が掲載されていました。詳しい日程はまだわかりませんが・・

(ブルーレイ:アマゾン)

この映画は、ゲイリー・オールドマン、コリン・ファース、ベネディクト・カンバーバッチという、お気に入り英国俳優さんがそろい踏み、しかもスパイ映画という、管理人Mにとっては夢のような作品なのです。

そして、キャストだけでなく、ストーリー・音楽・美術も含めた映画そのものがすばらしくて、本当に嬉しくなってしまった作品です。

ちょっとアタマが疲れる映画ではありますが、まだご覧になっていない方はぜひ。
おそらく、一度見ただけではわからないので、録画必須かと思います。

ブルーレイは購入済みですが、私も録画しよう・・(笑)

そうそう、「戦火の馬」も5月に放送予定のようなので、ベネさんファンにとっては、4月の「パレーズ・エンド」から連続の「WOWOWベネさん祭り」ですね!

それから、たまたま見かけた情報なのですが、東京の高田馬場にある名画座の早稲田松竹で、この「裏切りのサーカス」「007 スカイフォール」が同時上映されるようですよ!

http://www.wasedashochiku.co.jp/lineup/2013/skyfall.html

上映予定: 4/13(土) ~4/19(金)

(限定ブルーレイ:アマゾン)

1300円(一般)でこの二本が見れるとは!!いいなあ~。見たいなあ~。

頭脳戦と、ものすごいアクションの二本立てで、ちょっと疲れるかもしれませんが・・
(^ ^;)

 

(おまけ)

「裏切りのサーカス」は続編がありそうな雰囲気なのですが、まだ本格始動はしていないんですかね?
ハッキリしないので、記事にはしていないのですが・・。

『裏切りのサーカス』の続編企画が進行中!(WOWOWオンライン 2012.12.12)

ぜひぜひ、続編を見たいです!実現しますように・・!

----------------------------------------------------
(関連記事)

【Tinker Tailor Soldier Spy】裏切りのサーカス:鑑賞2回目の感想と、解説というより解釈(ネタバレ注意)(2012/04/26)

 

人気ブログランキングへ
Thank you.

2012/11/12

【Tinker Tailor Soldier Spy】裏切りのサーカス:ギラムさん気分を味わえる?まだあった本国公式サイト(ガイドブックや壁紙等もアリ)

11月2日に「裏切りのサーカス」日本版DVD・ブルーレイが発売され、同時にレンタルも始まった途端、「解説」等で検索・アクセスして下さる方が急増して驚いております。お読み下さり、ありがとうございます。

やはり、ちょっと難しい作品ですよね・・。
(^ ^;)

(アマゾン)

さて、本国イギリスで公開されたのはもう1年以上前だったかと思いますが、その時の本国公式サイトが一部今でも見られますので、知らない方のためにご紹介です。
(以前もちらっと記事にはしましたが)

何と、"サーカス"に侵入できるんですよ!ちょっとギラムさん気分・・(笑)

http://www.tinker-tailor-soldier-spy.com/

(ものすごく低い音量ですが、BGMが流れますのでご注意下さい)

以前はパスワードの数字を入れないとアクセスできませんでしたが、今はそれは無くなったようです。
確か映画の公開日が「答え」でしたかね。

サイトデザインが、サーカスの建物を「縦割り」にしたような構成になっており、訪問者は書類エレベーター?視点でフロアを上下できるのです。

あちこちクリックすると、色々な仕掛けがあり、情報にアクセスできます。(画面上のNAVIGATIONにカーソルを持っていくとメニューが見えて、そこからでもアクセスできます。)

私のへっぽこPCでは、全体的にちょっと動きが重たいのですが・・。

各種動画や画像、壁紙やアイコン、ガイドブック(PDFファイル)までありますので、ご興味のある方はご覧あれ~。

壁紙類は、小さな数字がダーっと並んでいて、よく見るとキーワードが埋め込まれているというデザインで、私は好きです。
(しかしこの壁紙を職場のPCで使うと、怪しさ満点かもしれませんが・・)

ガイドブックは未だにちゃんと読んでいませんが、地図や用語解説なんかもあって、作品理解に役立つような気がします。
いつか、プリントアウトして解読したいと思ってはいるのですが・・

地下に行くと、「リークされたコードを入れろ」と指示が出ますが、正解を入力しても不正解と言われてしまい、今は何も起こらないようです。
(それとも、私が間違っているのか?笑)

これは当時、プレミアか何かにご招待キャンペーンが行われていた時には、次の画面に進めたような気がします。
なお、「コード」はサイト内のどこかで教えてもらえますので、探してみて下さい。例のアレです。

上記サイトはいつ消えるかわかりませんので、もし消えていたらスミマセン・・。
なかなか面白いので、残してほしいです!
(^ ^)

 

人気ブログランキングへ
Thank you.

2012/11/03

【Tinker Tailor Soldier Spy】裏切りのサーカス コレクターズ・エディション(日本版ブルーレイ):本編以外、仕様と特典のざっくり感想

スマイリーがお茶の間に!

豪華英国俳優陣がゾロゾロご出演の「裏切りのサーカス」、2012年11月2日、日本語版タイトル発売&レンタル開始です!

まだ見ていない方は、ぜひ見て下さいね!(命令・笑)

私はブルーレイの方を購入しました。以下は映像特典など、ストーリー以外の感想です。

(ケースと解説書)

ディスクはブック型ケースに収納されています。24ページの解説書が、ケースと一体となっているのですね。
個人的には、読みにくいからケースとくっつけなくていいのにと思いましたが(笑)

その解説書ですが、内容は映画館で売っていたパンフからの抜粋のようですね。レイアウトは違いますが、テキストは同じようです。(全文確認したわけではありません)

(メニュー画面)

ちょっとだけ古畑任三郎のオープニングを思い出しましたが(笑)、なかなかカッコイイですね。
音楽もいいこの映画、サントラをまだ買ってないなあ・・

メニューの選択肢は画面の下に小さく表示されます。目が悪い方にはちょっと辛いかもしれませんが、私は好きなデザインです。

(音声)

音声は、英語と、日本語吹替と、オーディオコメンタリーの3つです。

日本語吹替があるとは思っていなかったので、ちょっと驚きました!
しかも、ビルを演じているコリン・ファースの声が、私が好きな「クリミナル・マインド」ホッチの森田順平さんだったとは・・
(^ ^)

ギラムを演じるベネさんの声は、シャーロックの声優さんではなかったので、ちょっと慣れません・・(笑)

(字幕)

字幕は、日本語字幕、日本語字幕手書き風、日本語字幕デカ字幕、吹替用字幕、コメンタリー用字幕の5種類です。

(トーマス・アルフレッドソン監督×ゲイリー・オールドマンのオーディオコメンタリー)

まだ聴いていないのですが、コメンタリーって、私は聴くのがけっこう難しいです。どうしても、「本編」に見入ってしまうので。

でも全部聴きたいと思っております。

(メイキング集)

ネットで公開されていたようなメイキング集がいくつか収録されています。日本語字幕で見られて嬉しい。

(インタビュー集)

ゲイリー・オールドマン、コリン・ファース、トム・ハーディ、監督&脚本のお二人のインタビューが収録されています。

全部で25分くらいあり、なかなか見応えがありました。素の俳優さんが垣間見えるのが面白いです。

トム・ハーディがレスラーみたいなんですけど(笑)。ターの髪はカツラだったとか・・?

(ジョン・ル・カレ スペシャルインタビュー) ※ブルーレイのみ、らしい

これも長いです。30分近くあります。画面の外にいるインタビューアーが、ル・カレさんに色々な話を聞いていきます。

この方が、あの原作を書いたお方なのですね・・。先日、原作本を読んだばかりなので、なかなか興味深いお話でした。

彼はパーティーのシーンに出演しているらしいですね。後で探さなくては!

(未公開シーン集)

これ、見たかったんです。やっと見られて嬉しいなあ。

スマイリーがエプロンをして目玉焼きを作ってますよ・・!!腰が引けてるような気がしますが(笑)
どこに入るはずだったのかな?ギラムが迎えに来る前あたりかな・・

ブランドとギラムがランチしているシーンは、ギラムが何か持ち出したか撮影した後ですかね?
ドキドキするから本編に入れてもいいのに!(ギラムさん贔屓)でもちょっとしつこくなるか?

泳いでいるスマイリーが男に話しかけられるシーンは、監督さんのお気に入りシーンだそうです。

(予告編集)

オリジナルの予告が二つと、日本版予告が収録されています。

(キャスト・スタッフ プロフィール)

パンフに掲載されていたような情報を、静止画で読むことができます。サーカスのファイル調のデザインです。

無事にブルーレイも届いたことだし、自宅でじっくりと、この作品を「再調査」することができます。
映画と違い、一時停止してニヤニヤすることも可能ですね(笑)

だって、皆さんステキなんですもの・・

さて、この作品について今まで書いてきた記事は「カテゴリー」でピックアップできますので、よろしければ合わせてご覧下さいませ。

カテゴリー「53.Tinker Tailor Soldier Spy」

今度は、日本語吹替版で鑑賞した感想でもアップしようかな・・?

 

人気ブログランキングへ
Thank you.

2012/10/29

【ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ(新訳版)】映画化作品「裏切りのサーカス」同様、何度も読み返して"再調査"したくなる小説

「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ(新訳版)」 著:ジョン・ル・カレ (1974年)
訳:村上博基 2012年4月30日 三刷 ハヤカワ文庫

試写会を含めスクリーンで3回見た「裏切りのサーカス」の日本版DVD&ブルーレイがもうすぐ発売です。嬉しいなあ・・!

(DVD:アマゾン)

というわけで、自宅で映画を鑑賞する前に、原作も読んでおこうと思い、かなり手強そうでしたがトライしてみました。

感想を一言で表すと・・

「映画より、さらに難しい。でもやはりハマる。」・・かな?

あの小難しい映画は、あれでも、原作を分かり易くシンプルにしていたのですね!!大胆かつ秀逸な脚色だったということが、よーくわかりました。

もし映画を見ていなかったら、頭にイメージが描けずに、読了できなかったかもしれません。

(文庫本:アマゾン)

英国情報部<サーカス>の中枢に潜むソ連の二重スパイを探せ。

引退生活から呼び戻された元情報部員スマイリーは、困難な任務を託された。二重スパイはかつての仇敵、ソ連情報部のカーラが操っているという。スマイリーは膨大な記録を調べ、関係者の証言を集めて核心に迫る。
やがて明かされる裏切者の正体は?

スマイリーとカーラの宿命の対決を描き、スパイ小説の頂点を極めた三部作の第一弾。
著者の序文を付した新訳版 
(裏表紙より引用)

(以下はネタバレの感想です)

読み終わるのに何日かかりましたかね・・。

毎日寝る前にちょっとずつ読み進めて、第三部だけは、週末にイッキ読みした、という感じです。2週間くらいかかったかな?!

作中では、スマイリーがホテルの部屋で色々な書類を読み込んでいきます。
あたかも彼と同じように、この難しい小説を、少しずつ少しずつ読み進めて、「真実」にやっと辿り着いた、といった読後感でした。

映画で、スマイリーが濁った池のようなところを静かに泳いでいるシーンが何度かありましたが、あのシーンをなぜか思い出しましたね・・。そんな感じの読書です。

私はあまり本を読まないこともあり、久々に読んだ翻訳モノは、やはり読みにくかったです。

地名や人名等のカタカナ固有名詞がわからないものはお手上げですね。また、「彼」などの代名詞が、誰を指すのかがどうも読み取りにくかったんですが、私だけか?
日本語そのものの意味がわからない箇所も多々ありました(汗)

以下は、特に強く感じた点を、つらつらと書いてみます。

(ビル・ローチ少年)

まず気づいたのは、映画ではチョイ役に見えた眼鏡のビル・ローチ少年が、実はものすごく大きい役割を担っている存在なのだという点です。

物語は、ビル・ローチ少年が過ごしているサースグッド校と、そこに赴任してくるちょっと変わった教師ジム・プリドーの話から始まっています。
両親が不仲になり、それは自分のせいだと思い詰めているビル・ローチ少年は、ジムから「優れた観察者」という評価を受けて、彼を慕い、どこか寂しげで謎めいた先生の庇護者を自任します。

そして実際、このローチ少年が気づいたり、目撃したりすることが、ジムの正体や、何をしたかを、読者の頭の中に徐々に浮かび上がらせていくのです。
(すごい観察眼なんだこれが・笑)

要するに、ビル・ローチ少年はスマイリーと「同類」なのですね。二人とも「眼鏡」をかけているというところも共通しており、二人とも、「観察者」なのです。
(ローチ少年は、スマイリーのプロトタイプのようだという記述まであります。)

しかしまだ子供の彼は、自分が見たことが理解できず、不安に襲われ、苦しむことになります。
自分を認めてくれる先生のことが気になって仕方がない、この孤独で一途なローチ少年が、健気で泣かせます。

同時に、ジム・プリドーにとっても、ビルという名前を持つローチ少年は、心の拠り所になっていると思われます。
「学校」という場で、新任教師のジム・プリドーと転校生のローチ少年は出会いました。ジム・プリドーがビル・ヘイドンと大学で出会ったように。

"母親が死んで"ひどく落ち込んでいるジムに、ローチ少年は学芸会の照明係を買って出ます。そして時間がたつにつれ、ジムは元気を取り戻していきます。

ラストで、「我々は新入りでした」と演劇が終わった後にジムが父兄に言った時、ビル・ローチ少年とジムが自ら手を下した「もう一人のビル」とが重なり、彼らが大学やサーカスで過ごしたであろう日々が想起されて、涙が滲んできましたよ・・。
(T T)

(ビル・ヘイドンの死)

驚いたことに、ビル・ヘイドンが命を落とす顛末は、描写がほとんどありません。いきなり、ベンチの上でビルが冷たくなっているのです。死因も明記されていません。首がヘンな方向に曲がっていると、それだけです。
スマイリーも、何も言いません。(きっと、わかっているんでしょうけど。)

あるのは、ジム・プリドーが銃を持っているのをローチ少年が目撃したこと、"母親の具合が悪くて"ジムが急に休暇を取ったこと、スマイリーを誰かが尾行していたこと、死んでいるビル・ヘイドンからは収容所では禁止されているアルコールの匂いがしたこと、復帰したジムは様子が明らかにおかしかったこと、など、断片的な周辺の記述だけです。

もし映画を見ていなかったら、あるいは注意深くこの本を読んでいなかったら、誰がビルの命を奪ったのか、わからないかもしれませんね・・

書かれていないので、読者は「想像」するしかないのですが、書かれていなくても、何となく、「わかる」のが、巧みであり、余計に切ないです。

(女性の描写:アンとカミラ)

映画同様、スマイリーの妻のアンは、ほとんどその姿を現しません。話題にはしょっちゅう上がるのですが、本人は出てこないのです。
スマイリーがビル・ヘイドンのことを考えると、アンもよく出てきます。思考を妨げているのですね。カーラの思うツボなのでした。

最後の最後に、アンは姿を現しますが、スマイリーには気づいていません。最後まで、スマイリーには手に負えないのです。
「すらりとして、気まぐれで、息を飲むほど美しく、本質的に他人の女。」とは、印象的な表現です。

映画では設定が変更されていましたが、ギラムのガールフレンドであるカミラもまた、彼の思考にちょくちょくと顔を出します。
どうやら他にも男(夫?)がいそうなカミラもまた、最後にはギラムのところに帰ってきたようです。

どうも、女性は「謎」として描かれているように思われます。論理的思考が及ばない、調査不能の世界。
彼女たちの台詞も、どこか謎めいています。何を言っているのかよくわかりません(笑)

サーカスの男達は「裏切者」を調査の上に炙り出しましたが、女達は男達を裏切りつつも、自ら戻ってくるのです。
彼らの仕事の世界とは対照的に、彼女たちは「解けない謎」として描かれているのかもしれないなあと、ふと思いました。

(キャラクターのイメージ)

主役のスマイリーは、原作ではずんぐりむっくりな感じですかね?映画では見た目はちょっとカッコよくなりすぎなのかな?(笑)
でも「雰囲気」は、原作と映画は同じ印象でしたね~。

ビル・ヘイドンは、原作でも魅力的な人物でした。男も女もみんな彼が好きです。
それゆえに、「真相」は許しがたくもあり、薄々わかっていたような気もするという、何とも微妙な感じでしたかね・・。
彼がなぜ東側に協力することになったのかは、社会背景が理解できていない私にはちょっと難しくて、うまく説明できないです。

ギラムは、原作でも金髪でハンサムさんのようでした(レイコンの小さな娘視点)。
どうして映画ではゲイ設定になったのかな?ジムとビルの関係がさりげなさ過ぎるので、その要素を強調したかったんですかね・・。

読んでみたい小説が映画化された場合、私は原作をまず「真っ白な状態」で読みたいので、その映画は見るのを控えます。

しかしこの「ティンカー、テイラー・・」は、映画を先に見てしまいました。原作は全く知らずに、ゲイリー・オールドマンやコリン・ファース、ベネディクト・カンバーバッチに釣られたからです。

というわけで、この原作本を読むと、どうしても映画での風景やセットで、豪華役者陣が脳内で動きます。
あたかも、映画の「完全版」を「見ている」ような、そんな錯覚を味わうことができました。小説の方が、具体的な描写や心情説明は多いですからね。
読みながら自分の脳内で、シーンを勝手に演出・編集していましたよ(笑)

さて、この小説は三部作ということで、続きがあります・・!

うぉっ、第二作目は、上下巻に分かれるボリュームですか・・。
うーむ。スマイリーとカーラの対決を、読みたいのですが、この難しさが続くかと思うと、読了する自信が・・。
(= =)

だから、続編もまた映画化して下さいっ。お願いだ~

 

おまけ

(映画との主な相違点メモ)

・ターとイリーナが出会ったのは、香港。

・ジムが撃たれたのは、ブタペストの街中カフェではなく、プラハ近くの森の中。

・ギラムには「ガールフレンド」がいる。スマイリー同様、うまくはいっていない。

・エスタヘイスは映画ほどは脅されたりはしておらず、けっこう協力的。

----------------------------------------------------
(関連記事)

【Tinker Tailor Soldier Spy】裏切りのサーカス:鑑賞2回目の感想と、解説というより解釈(ネタバレ注意)

 

人気ブログランキングへ
Thank you.

2012/08/10

【Tinker Tailor Soldier Spy】裏切りのサーカス:日本語版DVD・ブルーレイの発売予定日は2012年11月2日

当ブログの指定作品である「裏切りのサーカス」(全国順次公開中)、いつ日本語版のソフトが出るのかな~と思っていたのですが、公式サイト・アマゾン等に情報が掲載されていました。

ギャガ株式会社:DVD,Blu-ray
http://www.gaga.co.jp/cinema_items/summary

おぉ、何だかステキなパッケージではありませんか!
しかし例によって、英語字幕はついていないようです・・。どうしてつけてくれないのかなあ?

11月発売ですか。ちょっとまだ先ですね。これは欲しいなあ・・
(^ ^)

ところで、東京の日比谷では8月11日(土)から再上映が決定したようです。
まだご覧になっていない方は、私見ですが、一度は大画面・いい音響で鑑賞した方がいいと思います!

私もまた見たいなあ・・
ゲイリー・オールドマンとベネディクト・カンバーバッチが一緒の図がたまらんのですが・・(笑)

 

人気ブログランキングへ
Thank you.

2012/07/08

【Tinker Tailor Soldier Spy】裏切りのサーカス:鑑賞3回目の感想、深読み、妄想、雑談(ネタバレ注意)

試写会ではサッパリわからず、それでも魅了され、2回目で何となくわかったような気がしたこの映画、また浸りたくなり、映画館に足を運びました。

(サントラも買わねば:アマゾン)

さすがに3回目にもなると、コントロールの後ろに置いてある、いかにもイギリスな犬の置物など、本筋とは関係ない小ネタの発見などもあり、またまた楽しめました(笑)

そうか、スマイリーの眼鏡が、過去と現在を見分けるヒントにもなっているのですね。
(フレームが茶色から黒色へ変わっている)

というわけで、もう2回も真面目に?感想をアップしましたので、今回は「妄想」を交えつつ、暴走気味に記事を書きたいと思います。

(↓以前の記事はこちらです)

裏切りのサーカス:試写会の感想(ストーリーのネタバレなし)

裏切りのサーカス:鑑賞2回目の感想と、解説というより解釈(ネタバレ注意)

(以下はネタバレと妄想です)

<怪しい主人公、スマイリー>

さて、私の頭からどうしても消えない考えがありまして・・。
それは、スマイリーこそが、モグラくんをも欺く、「真のモグラくん」なのでは・・という疑惑です。もちろん違うのは承知の上です。

なぜそう思うのか?
だってゲイリー・オールドマンと言えば汚職・・というのは横に置いておいて(笑)

・スマイリーも一緒に辞めるとコントロールに言われて、スマイリーは「なぬっ」という顔をしていた。
・そのコントロールが、突然死んだ。
・カーラという人物に会ったと言っているのはスマイリーだけ。どんな人物かは覚えていないと言う。
・ジムを拷問した小男がスマイリーのライターを持っていたらしいが、カーラだとは限らない。
・カフェにいたライターを持っていた人物も、カーラだとは限らない。カーラは爪が剥がされて1枚もないらしいが、指は画面に映らない。
・そもそも、「カーラ」が何者なのか、実在するのか、よくわからない。
・スマイリーのライターは、カーラの存在をアピールするための小道具なのではないか。
・スマイリーはビルに、モグラの件は「君も気付いていた」と言われていた。
・ラストシーン、サーカスに戻り、誇らしげに座っているスマイリー。

とにかく、スマイリーは無表情で、何を考えているのかよくわからないため、どうもウラがあるような気がしてならないのです。

カーラのことを話すシーンで、お互いの体制の穴を見つけるのに疲れた・・とか何とかと言うセリフがありましたが、カーラとスマイリー自身がその穴なんじゃないのか?

原作を考えずに、単にこの映画だけを鑑賞した場合、そんな深読みも、成立するような、しないような・・
しないか?(笑)

<実はゲイな感じだった、この映画>

初見の時、私がものすごく驚いたのは、ギラムがボーイフレンドらしき男と住んでいたことですよ・・!最初は彼の家族かと思ったのですが、泣いているギラムを見て、唖然。
コート姿で颯爽と歩くギラムさん、サーカスの女子たちにモテそうな雰囲気を醸し出していたのに!
軽く失恋気分です・・(笑)

さらに、ビル・ヘイドンは、ジム・プリドーの部屋で見つけた二人で写っている写真を大事そうにそっとポケットに入れます。この時点ではまだ、仲良しなんだね~と思う程度でした。しかし、パーティーのシーンで二人が交わす視線が・・。むむ、アナタたち、ただの友人じゃないね?と、私は悟ったのでありました。
ビルには女も男もいたようで、ラスト近くではスマイリーにヤボ用を頼んでいました。ジムは、元カレということなのかな?

最後、ビルはジムに狙撃されます。ビルは銃を構えているだろうジムに気づいたように思えたのですが、逃げませんでした。
ビルは撃たれて涙のような血を流し、ジムもまた涙しているこのシーン、何度見ても切ないですねえ・・
愛しているからこそ、自分の手で消す、というか何というか・・

それにしても、コッチ方向の映画だったのかと、全く知らなかったので、本当に驚きました。
ニクいのは、あまり露骨には表現されていないというところですかね。

さて、こうなると、ほとんど男性ばかりの登場人物ですから、他の可能性が気になってくるわけです(笑)

ギラムのスマイリーへの忠実ぶりが目立っていましたが、スマイリーは妻が気になって仕方がないようなので、ギラムの片思い、というか、尊敬しているんだよね。
リッキー・ターを見るやいなや殴りかかったギラム。お前のせいでコッチは危ない橋を渡っているんだとお怒りでしたが、二人は過去に何かあったのか・・?でもターはイリーナに夢中だからなあ。
いかんいかん、考えすぎ考えすぎ(笑)

どうやら男子校に勤務しているらしい、ジム・プリドー。わあ、ビル少年がアブない!とまでは思いませんでしたが、校内でトレイラー暮らし?の教師って、怪しすぎるんだけど(笑)

コントロールと右腕スマイリー・・・。

キリがないので、やめます(笑)

<ティンカー・・の童謡>

劇中ではコードネームとして使用され、物語のタイトルにもなっている「ティンカー テイラー ・・」の元ネタは、「COUNTING CHERRY STONES」という童謡の出だしの一節らしいです。

Tinker, Tailor,
Soldier, Sailor,
Rich Man, Poor Man,
Beggar Man, Thief.

Wiki: Tinker, Tailor

イギリスの数え唄なのかな?

劇中でコントロールは、"Sailor"は"Soldier"に似ているし、"Rich Man"は似合わないからと、エスタヘイスを"Poor Man"にしていました。

「私は"Beggar Man"(乞食)か・・」と、スマイリーがムッとしたかどうかは、謎(笑)

<ギラムが暗唱していた詩>

ロンドンの隠れ家で、ギラムがいい声で詩を暗誦していました。たぶんこれかな?間違っていたらごめんなさい。手元に映像がないので。

「カサビアンカ」というイギリスでは有名な詩の一節のようです。

The boy stood on the burning deck
Whence all but he had fled;
The flame that lit the battle’s wreck,
Shone round him o’er the dead.

・・・

Wiki: Casabianca (poem)

英語力不足のため、詩の内容と映画がリンクしているかは、残念ながらよくわかりません・・。
戦場で少年が父の言いつけを守って燃える船から逃げないとか何とか、そういう詩のようなのですが?違うか?

なお、原作ではギラムは歌を歌っていたようです。ベネさんの歌でもよかったですね♪

<"La Mer" ラ・メール>

映画のラストでずっと流れている歌です。明るい感じの曲ですが、妙にハマっています。

私は知りませんでしたが、かなり有名な曲のようですね。フランス語で「海」という意味のようです。

劇中で使われているのは、フリオ・イグレシアス?が歌っているバージョンのようですが、アマゾン等で発見できなかったのが残念。

<まだ引っかかっている謎>

・スマイリーが訪ねたコニー・サックスの家に、若者がたくさんいたのはなぜ?演劇の練習のようなことをしているように見えたのですが・・?

・イギリスに戻されたジム・プリドーに会いに行ったエスタヘイスは、「『ティンカー テイラー』のことは忘れろ」と、コントロールがジムにしか話していないはずのコードネームを知っていました。
これは、ジムがブダペストに発つ前にビルに警告しに行った時に、コードネームのことも話したという理解でいいのかな?そしてビルからエスタヘイスに伝わったと。

・ラスト近く、パリにいたリッキー・ターは、イリーナがもうこの世にはいないらしいことを、まだ知らされていないのかな?
スマイリーが「(助けるように)努力する」とターに言った時には、すでにジムから、女が目の前で撃たれたことは聞いていたはずだけどね・・。

・スマイリーは池のようなところを泳いでいたけれど、秋冬じゃないのか?寒くないのか?トレーニング?

・浮気相手が描いた絵を部屋に飾る、スマイリーの妻が謎すぎる・・。いい絵でしたが(笑)

 

おまけ

<もう一人の"スマイリー">

私が「スマイリー」という名前を聞いて、まず思い出したのは、セサミ・ストリートに出てくる司会者のガイ・スマイリーという人です。

↓こんな人

Guysmiley3 (司会者だから、おしゃべりだよ)

白髪にしてメガネをかけたら、けっこうオールドマンのスマイリーに似てるような気がしますが、どうでしょうか(笑)

「裏切りのサーカス」、まだまだ公開中ですよっ!

-----------------------------------------------------

2012.12.12 追記 原作小説を読んだ感想はこちらです↓

【ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ(新訳版)】映画化作品「裏切りのサーカス」同様、何度も読み返して"再調査"したくなる小説

 

人気ブログランキングへ
Thank you.

2012/06/09

【Tinker Tailor Soldier Spy】裏切りのサーカス:東京では上映館追加(品川プリンスシネマ)

4月下旬から公開が始まった「裏切りのサーカス」ですが、全国一斉ではなく順次公開のため、秋にならないと公開されない地域もあるのですね。

(原作も読みたい:アマゾン)

東京ではもう公開はそろそろ終わるのかと思いきや、6/9(土)から品川プリンスシネマでも公開が決定した模様です。
この劇場は行ったことがありませんが、なかなか快適そう。カフェのメニューにあるパフェが美味しそうですよ・・(笑)

全国で上映館が増えるといいですね!

↓最新情報は、公式サイトの劇場情報からご確認下さい。

http://uragiri.gaga.ne.jp/

日比谷と新宿でもまだ上映しているようですし、好評なんでしょうか?だとしたら嬉しいなあ。
一回だけでは物足りないと、また見に行っている方も多いのかも?(笑)

私もまた見に行こうかな・・。
そういえば、リピーター割引で1,000円で見られるではありませんか!半券はどこへ行った~?

 

人気ブログランキングへ
Thank you.

2012/05/21

【Tinker Tailor Soldier Spy】裏切りのサーカス:ゾウズ・フー・キルや名探偵ポワロとの関係・・等々

3回目を見に行きたいと思ってしまう「裏切りのサーカス」ですが、そろそろ近場では上映が終了しそうです。
日本版のDVDは出るのかな?

(サントラCD:アマゾン)

さて、「裏切りのサーカス」の豪華すぎるキャストさんたちが、私が最近鑑賞していた作品にあまりにも多く出演されていたことに気づいて驚愕したので、記事を書こうと思います。

4人の幹部のうちのトビー・エスタヘイス(プアマン)であったDavid Dencik さんは、WOWOWで放送されて私が気に入っている「ゾウズ・フー・キル 殺意の深層」第2話の、なんと×××じゃないですか・・!
気づきませんでした!あんなに見てたのに!不覚・・
ちなみに、このドラマは来月6月に続編が放送予定です♪

さらに、「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」で、主人公の職場の同僚役でしたか!訴訟でゴタゴタしていた主人公に、休んでもらった方が・・と言う人です。
さらにさらに、「戦火の馬」にも出ていたらしいのですが、こちらは記憶も映像もないので未確認です。

そして、パーシー・アレリン(ティンカー)であったToby Jones さんは、2月に放送されたポワロさんの「オリエント急行の殺人」の×××じゃないですかぁ!あのイヤ~な感じの悪い人ですよ!そうだそうだ!
いかにも悪そうな顔なので(スミマセン・・)、どこかで見たか?と思ってはいたのですが。

ちなみに、ロイ・ブランド(ソルジャー)のCiarán Hinds さんが、こちらもWOWOWで放送されている「犯罪捜査官 アナ・トラヴィス」の主人公の上司ということは、気づいていましたよ!ちょっと個人的には謎ドラマなんですが(笑)
ちなみに、こちらも新作がこの2012年7月放送予定のようなので、期待しております。

以上の三人は、「裏切りのサーカス」では、あまり出番はありませんでしたね。特に、ロイ・ブランドは出番が少なかった印象です。
それにしても、何て個性的な三人なんでしょうか!!

さて、つい最近WOWOWで始まった「ボルジア家 愛と欲望の教皇一族」ですが、その中に出てくる教会法に詳しいブルカルドという人物が、絶対どこかで見たけど思い出せない・・と、2週間悩んでいたのですが、オリヴァー・レイコン次官じゃないですか!!(Simon McBurney)
どうりで記憶がフレッシュだったわけですよ・・。あぁスッキリした・・。

当直だったジェリー・ウェスタビーは、こちらもWOWOWで鑑賞した「ボードウォーク・エンパイア」のアル・カポネ役の人(Stephen Graham)だということは、映画を見ている時に気づきました。何だか愛嬌のある人なんですよね。
第2シーズン、お待ちしております!

ジム・プリドー役であったマーク・ストロングは、ハリウッド映画「シャーロック・ホームズ」の敵役、ブラックウッド卿です。
久々に録画を再生してみましたが、もうブラックウッド卿応援目線でしか、鑑賞できなくなってしまった自分がいます(笑)
彼は今後の研究対象に指定です!

憔悴していた上にギラムさんに殴られてお気の毒だったリッキー・ター役のトム・ハーディは、「インセプション」で見たのが初めてだったかな?
なかなか男前な人ですね。彼が主演しているらしいコメディ?「ブラック&ホワイト」は、放送があれば見てみます(笑)

ベネさんとコリン・ファース様については、出演作について色々と記事を書いておりますので、よろしければご覧下さいませ。

つくづく、豪華俳優陣の映画ですよねえ~

 

人気ブログランキングへ
Thank you.

2012/04/28

ミステリマガジン 2012年6月号は「裏切りのサーカス」「外事警察」などスパイ特集

私はコアなミステリーファンではありませんので、早川書房さんの「ミステリマガジン」なんて、敷居が高そうで今まで買ったことはありません。

しかし、2012年4月25日に発売されたこの号は、スパイ特集です!
特に「Tinker Tailor Soldier Spy」のジョン・ル・カレと「外事警察」が特集されています♪

特集 SPY ル・カレから外事警察まで

(アマゾン)

まるで、当ブログ管理人Mのために作って下さったような本ではありませんか・・(?)

映画関係の記事の他に、スパイ小説世界地図など、今後の作品鑑賞の手助けとなるような情報も掲載されているので、ありがたく活用させて頂きます。

ル・カレさんって、本当に有名な作家さんのようですね。恥ずかしながら全く知りませんでした。

他にも面白そうな本がたくさん紹介されています。
でもなかなか読まないんですよね。うーむ。

さすが、マニアックな感じの情報も掲載されておりますよ・・

ところで、「ミステリマガジン」といえば、海外ミステリーを紹介するお堅い雑誌、と思っていたのですが、編集方針が変わったのでしょうか?

萌え萌えなイラストが表紙になっている号まであるじゃないですか・・!
ミル●ィ・ホームズとやらも、見るべきですか?(汗)

 

人気ブログランキングへ
Thank you.
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お気に入り俳優さん出演

10ヵ月以上前の月

  • ↓「バックナンバー」クリックで表示されます
    (2011年9月~)