フォト

管理人Mのお気に入り


  • Pen
    2015年12月号
    007 スペクター特集


  • ミステリマガジン
    2015年7月号
    海外ミステリ・ドラマ・ガイド


  • ムービースター
    2015年5月号
    英国俳優特集


  • SCREEN 2015年4月号
    ベネさんチューリング別冊


  • シャーロック・クロニクル
    日本語版!豪華本


  • ELLE JAPON 2015年2月号
    ベネさん特別版


  • CUT 2015年1月号
    ゲイムービー特集


  • CD付 英語でシャーロック!
    ENGLISH JOURNAL 2015年1月号増刊


  • 映画秘宝 2015年1月号
    名探偵特集


  • SCREEN 2014年12月号
    第2回英国男優総選挙

ピックアップ

  • ついに週刊誌の表紙!

    AERA(アエラ)
    2013年 9/2号

  • ベネさん表紙・ポスター・来日特集!

    スクリーン
    2013年10月号

  • マーティンさん本!

    マーティン・フリーマン
    FLIX special

  • ベネさん&マーさん本!

    Benedict Cumberbatch & Martin Freeman Complete

  • ついに!マーさんが表紙!

    SCREEN(スクリーン)
    2013年 8月号

  • 再び、ベネさんが表紙!

    ムービー・スター
    2013年7月号
    しましま靴下ベネさん
    (記事はコチラ)

  • ついに出た、ベネさん本。

    シャーロック&ベネディクト FLIX special
    発売中
    (感想はコチラ)

  • SHERLOCK:表紙再び。ミステリマガジン2013年4月号
  • シャーロック(BBCドラマ):ケースブック

    日本語版ケースブック!
    (記事はコチラ)
    必携の公式ガイドブック
    (原書の記事はコチラ)

  • イギリスびいきのブログです

    "SHERLOCK"出演クッション
    (記事はコチラ)

当ブログ必修科目

  • SHERLOCK (シャーロック)

    2014年5月、第3シリーズ放送予定(NHK-BSプレミアム)

  • Tinker Tailor Soldier Spy (裏切りのサーカス)

    2012年4月21日全国公開・DVDリリース済

  • CRIMINAL MINDS (クリミナル・マインド)

    シーズン8放送中(WOWOW)

ランキング参加中

ネタバレについて

  • 海外ドラマ・映画の記事はネタバレですのでご注意下さい(基本的には国内放送・公開後)。 意図的に黒色テキストを使用している場合があります。カーソルで反転させてお読み下さい。
無料ブログはココログ

« 2016年1月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年2月

2016/02/29

【SHERLOCK シャーロック 忌まわしき花嫁】単なる「特別編」ではなかった!ネタバレの感想(初見版)

SHERLOCK: The Abominable Bride (2016年 イギリス)

 

ごぶさたしております。探偵その他ブログの管理人Mです。

本国イギリスでは2016年元日にテレビ放送されていた特別編「SHERLOCK シャーロック 忌まわしき花嫁」を、劇場でやっと見てきました!

この日までネタバレを踏むことなく、何も知らないまま鑑賞することができました。お気遣い頂きました世の皆様、ありがとうございます。
m(_ _)m

さて、この記事はネタバレ全開で書きますので、前3シリーズも含め「SHERLOCK」を未見の方はまた後日にでもご覧頂けると幸いでございます。

ところで、私は2週目の土曜日に行ったんですけど、入場者特典のしおりがもう品切れで、もらえませんでした・・ショボン・・
(T T)

(アマゾン:UK版DVD)

 

(注:以下はネタバレの感想です)

<第3.5シリーズ>

さて、初めて鑑賞した印象としては、これって、時代を移した「特別編」というより、普通に本編の「続き」じゃないですか!?

第3.5シリーズでしょコレ・・。あるいは第4シリーズの壮大な予告編!(笑)
また製作陣に騙された気が・・いや、いい意味で。思いっきりウラをかかれました。
(^ ^;)

私はてっきり、本編の現代版とは独立したエピソードだと思っていたので、途中で現代版の飛行機が出てきたとき、「はあ?!」となっちゃいましたよ。
 

<過去と現代のクロスオーバー、時空を越える探偵>

この特別編は、単なるファンサービスとしての、ヴィクトリア朝バージョン「SHERLOCK」ではなかったんですね。

アメリカのTVドラマ「CSI」などでは、兄弟シリーズの出演者が一同に会するクロスオーバーエピソードが時々あります。それとはちょっと違いますが、この特別編は「SHERLOCK」のヴィクトリア時代と現代が、クロスオーバーする作品だったのだなあと、恐れ入りました。

ヴィクトリアンのシャーロックが、コカインの注射器を取り出してから話がこんがらがってきました。
オールバックのシャーロックが221Bの床に倒れて見ている未来の事件、チリチリ頭のシャーロックが飛行機の中で見ている過去の事件、どちらが「本編」なのか・・?

ちょっとタイムトラベラー風味なのは、私は全く詳しくないのですが「ドクター・フー」っぽいのかなあとも思ったりして。

過去から現在まで愛されているホームズ物語ですから、何となく納得できる構成でした。まさに、時空を超えた探偵さんですね!
 

<忌まわしき花嫁>

ショットガンを持ちベールで顔を覆った花嫁はコワかったです。「You ~?」と言いながら追いかけて来るのは嫌・・。
(= =)

結局のところは、虐げられていた妻たち・女たちが、集団で男に復讐していたということでよろしいでしょうか。
今でこそ女性に参政権はあるといっても、昔から変わらない普遍的なテーマでもありますね。

しかし一番忌まわしかったのは、モリアーティの花嫁姿ですよ!!コワイよ!やめて!

モリアーティ好きの管理人Mとしては、彼にまたお会いできて大変嬉しかったのですが、まさか出てくるとは夢にも思っていなかったので、ものすごい衝撃を受けました。動揺のあまり、彼のセリフはよく覚えておりません・・ワナワナ

頭を打ちぬいた花嫁は生きていました。ということは、モリさんも・・!?いやまさか、しかし・・??
 

<特別映像>

メイキングが本編上映前と後にありましたね。裏方が見られるのはファンとしては確かに楽しいのですが、本編の余韻に浸る間もなく上映されるので、すぐ現実に引き戻されてしまって興冷めといいますか・・。まあ仕方がないのですが。

それほどディープなファンではない友人などは、特別映像は余計だとまで言っていました。そういう意見にも納得できるところはあります。
 

<希望など>

管理人Mは「SHERLOCK」との出会いがたまたま見かけたNHKの放送でしたので、基本的にはまず[日本語吹替版]で見ているのです。

三上さんのシャーロック、森川さんのジョンも大好きです。だからぜひ、日本語版「忌まわしき花嫁」も作って頂きたい!そしてNHKで放送して頂きたい!よろしくお願いいたします~!!

そうそう、今回残念だったのは、せっかく劇場公開となったのに、パンフレットがなかったんですよね~。色々と事情があるのでしょうが、とても残念でした。

グッズはいくつかありましたが、特に欲しいと思えるものはなく・・。傘はちょっと可愛いかったですかね。完売していて現物を見てませんが。

221Bのあの壁紙模様のポスターがあったら欲しかったです。確か221Bドアのポスターはありましたが、それを買うべきだったでしょうか(笑)

以上、つらつらと書いてきましたが、もう1回はまた劇場に足を運ぶつもりなので、続きはまた後日・・。

それにしてもまた、何度も見たくなる作品でした。すばらしいことです。
(^ ^)


(関連記事) ヴィクトリア時代版も見たいなあとつぶやいていた頃の記事

【SHERLOCK】さらに!第4シリーズ!第4シリーズ!!そしてその先も?(2013/3/14)

 

人気ブログランキングへ
Thank you.

« 2016年1月 | トップページ | 2016年5月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お気に入り俳優さん出演

10ヵ月以上前の月

  • ↓「バックナンバー」クリックで表示されます
    (2011年9月~)