フォト

管理人Mのお気に入り


  • Pen
    2015年12月号
    007 スペクター特集


  • ミステリマガジン
    2015年7月号
    海外ミステリ・ドラマ・ガイド


  • ムービースター
    2015年5月号
    英国俳優特集


  • SCREEN 2015年4月号
    ベネさんチューリング別冊


  • シャーロック・クロニクル
    日本語版!豪華本


  • ELLE JAPON 2015年2月号
    ベネさん特別版


  • CUT 2015年1月号
    ゲイムービー特集


  • CD付 英語でシャーロック!
    ENGLISH JOURNAL 2015年1月号増刊


  • 映画秘宝 2015年1月号
    名探偵特集


  • SCREEN 2014年12月号
    第2回英国男優総選挙

ピックアップ

  • ついに週刊誌の表紙!

    AERA(アエラ)
    2013年 9/2号

  • ベネさん表紙・ポスター・来日特集!

    スクリーン
    2013年10月号

  • マーティンさん本!

    マーティン・フリーマン
    FLIX special

  • ベネさん&マーさん本!

    Benedict Cumberbatch & Martin Freeman Complete

  • ついに!マーさんが表紙!

    SCREEN(スクリーン)
    2013年 8月号

  • 再び、ベネさんが表紙!

    ムービー・スター
    2013年7月号
    しましま靴下ベネさん
    (記事はコチラ)

  • ついに出た、ベネさん本。

    シャーロック&ベネディクト FLIX special
    発売中
    (感想はコチラ)

  • SHERLOCK:表紙再び。ミステリマガジン2013年4月号
  • シャーロック(BBCドラマ):ケースブック

    日本語版ケースブック!
    (記事はコチラ)
    必携の公式ガイドブック
    (原書の記事はコチラ)

  • イギリスびいきのブログです

    "SHERLOCK"出演クッション
    (記事はコチラ)

当ブログ必修科目

  • SHERLOCK (シャーロック)

    2014年5月、第3シリーズ放送予定(NHK-BSプレミアム)

  • Tinker Tailor Soldier Spy (裏切りのサーカス)

    2012年4月21日全国公開・DVDリリース済

  • CRIMINAL MINDS (クリミナル・マインド)

    シーズン8放送中(WOWOW)

ランキング参加中

ネタバレについて

  • 海外ドラマ・映画の記事はネタバレですのでご注意下さい(基本的には国内放送・公開後)。 意図的に黒色テキストを使用している場合があります。カーソルで反転させてお読み下さい。
無料ブログはココログ

« 【SHERLOCK】ピンク色の研究:コミック版の単行本が発売予定(2013年8月3日) | トップページ | 【名探偵ポワロ】ちょっと昔の第6シリーズ長編4本が無料放送(2013年7月7日 チャンネル銀河) »

2013/07/04

【イノセント・ガーデン】少女・母・叔父が繰り広げる、息が詰まりそうな家族サスペンス(マシュー・グード出演)

"Stoker" 2013年 アメリカ 監:パク・チャヌク

マシュー・グードさんを大画面で見るためだけに、映画館に行ってきました(笑)

(アマゾンUK)

かなり昔に鑑賞した同じ監督さんの「オールド・ボーイ」が私にはキツすぎたので、マシューさんが出ていなかったらたぶん見に行こうとは思わなかったでしょう。

今回の作品は、好みは分かれるかもしれませんが、個性的な映像美で作家性が感じられ、私は面白かったです。やはり悲惨でしたけど。
何といっても、麗しくて怪しいマシューさんが堪能できるので、ファンなら必見かと。

怪しいといえば、主人公の少女(ミア・ワシコウスカ)も、その母親(ニコール・キッドマン)も怪しく、そして美しいです。
一体、この物語はどこへ着地するのか、最後まで目が離せませんでした。

主人公は音に敏感であるため、「効果音」が強調されています。ピアノも登場するので、音のいい映画館で集中して鑑賞できてよかったです。

驚いたことに、脚本はドラマ「プリズン・ブレイク」の主役の方(Wentworth Miller)なんだそうですよ!?(録画しつつ見ていませんが・・)

(なお、マシュー・グードさんは、今度ベネディクト・カンバーバッチさんと「Magik」という作品で共演予定なんですか?!楽しみ。)

まだ上映している映画館もあるようなので、イヤ~な感じのミステリーがお好きな方は、ぜひご覧下さい。

 

(あらすじ)
孤独な少女インディアは、父親の突然の死後、存在すら知らなかった叔父チャーリーと出会う。チャーリーは屋敷に滞在し、インディアの母親とも親しくなるが、次々と奇妙なことが起こり始める。インディアは、謎めいた魅力的な叔父に疑いの目を向けつつも、なぜか惹かれていくのであったが・・?

映画「イノセント・ガーデン」予告編

(以下はネタバレの感想です)

管理人Mが初めてマシューさんを見たのは、たぶんコリン・ファース主演の「シングルマン」です。出番は少ないものの、主人公の恋人役を演じていたマシューさんが、すごくステキだったのです。

その後、「マッチポイント」でもたまたま拝見し、やはりステキな役者さんだと思っておりましたが、今回のこの映画でさらにその思いが強くなりましたよ!
まばたきしない目がコワイ(笑)

うーーむ、白昼夢を見たような、そんな薄気味悪い後味が残る映画でしたかね?

事前情報全くナシで見たのですが、犯人は誰だという「謎解き」としては特にどんでん返しもなく、あからさまに怪しい「あの人」が、やはりサイコパスな殺人鬼でした。

コワイのは、主人公のインディアが「成人」していく様子ですかね。彼女には叔父さんと同じ血が流れていて、それに気づいた父親は狩りで何とか発散させていたのだけれども、その父親もいなくなり、彼女は「独り立ち」したということでしょうか。

叔父さんはインディアと一緒に、ニューヨークで新生活を始めるつもりだったようですが、インディアの「覚醒」は叔父さんの予想以上だったようです。

冒頭とラストのインディアの顔のアップですが、私はどうしても「叔父さん」にも見えてしまって、気持ち悪いです。これ、ミアさんではなくて、マシューさんですか?違うか・・
狂気をはらんだ目がコワイ。

庭・階段・ピアノ・地下室・冷凍庫・革ベルト・シャワー・靴・手紙・猟銃などなど、印象的な小道具やシーンがたくさんありましたね~

ピアノの連弾シーンは、なかなか官能的だったと思います。ここはインディアの妄想のようにも思われましたが。
曲もよかったですね。もう一度聴きたい!

全体的に非常に「画」が美しくて印象に残る映画でした。ニコール・キッドマンさんも美形すぎて、それが何だかコワかったなあ・・。

いつか、もう一度見直してみたい映画です。


(関連記事)

【シングルマン】コリン・ファース「英国王のスピーチ」前年の美しい映画(2011/10/10)

【マッチポイント】テニス、ロンドン、上流階級も見どころのサスペンス映画(マーク・ゲイティス一瞬出演)(2012/05/28)

【ブラック・スワン】芸術と狂気に「トリハダ」の映画(2012/05/08)

 

人気ブログランキングへ
Thank you.

« 【SHERLOCK】ピンク色の研究:コミック版の単行本が発売予定(2013年8月3日) | トップページ | 【名探偵ポワロ】ちょっと昔の第6シリーズ長編4本が無料放送(2013年7月7日 チャンネル銀河) »

コメント

管理人Mさま、こんにちわ。
見ました。イノセントガーデン。たまたまチケットがあたり観に行ってきました。
マシュー・グード様、素敵でした。
何の予備知識もなく見に行ったのですが、とても素敵な方ですね。ベネ様との共演が予定されているのとのこと。楽しみです。あのお二方の演技対決が見られるんですね。

マシューさまの 目が笑っていないところが非常にインパクトありました。ホントに瞬きしない。美しいお顔をしているがゆえに。

出演の皆様が美しく、画にもセンスを感じました。
とても個性の強い作品なので好き嫌いが分かれると思います。
物語としては美しいのですが・・。

夢見そう・・。とほほ。

ミステリー好きです様、コメントをありがとうございます。
この作品のチケットを当選されていたのですね!見た人はあまりいないかな~と思いつつ記事をアップしてみたのですが、ご覧になった方がいて嬉しいです。
(^ ^)

私はマシューさんが見たくてフラリと映画館に行ったので、どういうジャンルの作品なのかもよく知らなかったのですが、密室じゃないけど圧迫感のある、なかなかサスペンスフルな作品でしたね。ほんと、悪い夢を見そうな気がしますよ・・
「革ベルト」を見ると、思い出しそうです(笑)

ラストは、てっきり二人で逃避行するのだと思っていたので、ちょっと意外な展開(笑)。一応、父親の復讐も兼ねているんでしょうかね?

他の作品のマシューさんは普通のお兄さんですので(笑)、ぜひご覧になってみて下さい!

管理人Mさま
こんばんわ。
革ベルト!!おそろしかったです。
ラストは想像以上の主人公の成長ぶり(?)に
そうくるか!とツッコミを入れてしまいました。
予想以上でした。
さすが8年以上かけた脚本ですね。

マシュー・グード様のほかの役を見てみたいです。
楽しみです。

革ベルトは、思い切り使い方を間違っていましたね(笑)
おもむろにベルトを外すので、ちょっと笑っちゃったところもありましたが、犯行シーンの描写はけっこう容赦がなく、やはりこの監督さんはちょっとキツいなあと思ったところでもあります。

私もまだマシューさん出演作品はそれほど見ていませんので、今後の研究対象としたいと思っております。
(^ ^)

この記事へのコメントは終了しました。

« 【SHERLOCK】ピンク色の研究:コミック版の単行本が発売予定(2013年8月3日) | トップページ | 【名探偵ポワロ】ちょっと昔の第6シリーズ長編4本が無料放送(2013年7月7日 チャンネル銀河) »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お気に入り俳優さん出演

10ヵ月以上前の月

  • ↓「バックナンバー」クリックで表示されます
    (2011年9月~)