フォト

管理人Mのお気に入り


  • Pen
    2015年12月号
    007 スペクター特集


  • ミステリマガジン
    2015年7月号
    海外ミステリ・ドラマ・ガイド


  • ムービースター
    2015年5月号
    英国俳優特集


  • SCREEN 2015年4月号
    ベネさんチューリング別冊


  • シャーロック・クロニクル
    日本語版!豪華本


  • ELLE JAPON 2015年2月号
    ベネさん特別版


  • CUT 2015年1月号
    ゲイムービー特集


  • CD付 英語でシャーロック!
    ENGLISH JOURNAL 2015年1月号増刊


  • 映画秘宝 2015年1月号
    名探偵特集


  • SCREEN 2014年12月号
    第2回英国男優総選挙

ピックアップ

  • ついに週刊誌の表紙!

    AERA(アエラ)
    2013年 9/2号

  • ベネさん表紙・ポスター・来日特集!

    スクリーン
    2013年10月号

  • マーティンさん本!

    マーティン・フリーマン
    FLIX special

  • ベネさん&マーさん本!

    Benedict Cumberbatch & Martin Freeman Complete

  • ついに!マーさんが表紙!

    SCREEN(スクリーン)
    2013年 8月号

  • 再び、ベネさんが表紙!

    ムービー・スター
    2013年7月号
    しましま靴下ベネさん
    (記事はコチラ)

  • ついに出た、ベネさん本。

    シャーロック&ベネディクト FLIX special
    発売中
    (感想はコチラ)

  • SHERLOCK:表紙再び。ミステリマガジン2013年4月号
  • シャーロック(BBCドラマ):ケースブック

    日本語版ケースブック!
    (記事はコチラ)
    必携の公式ガイドブック
    (原書の記事はコチラ)

  • イギリスびいきのブログです

    "SHERLOCK"出演クッション
    (記事はコチラ)

当ブログ必修科目

  • SHERLOCK (シャーロック)

    2014年5月、第3シリーズ放送予定(NHK-BSプレミアム)

  • Tinker Tailor Soldier Spy (裏切りのサーカス)

    2012年4月21日全国公開・DVDリリース済

  • CRIMINAL MINDS (クリミナル・マインド)

    シーズン8放送中(WOWOW)

ランキング参加中

ネタバレについて

  • 海外ドラマ・映画の記事はネタバレですのでご注意下さい(基本的には国内放送・公開後)。 意図的に黒色テキストを使用している場合があります。カーソルで反転させてお読み下さい。
無料ブログはココログ

« 新年のご挨拶 | トップページ | 【ベネディクト・カンバーバッチ初来日】もしかしたら成田空港ベネさんが映るかもしれないテレビ東京の番組「YOUは何しに日本へ?」放送開始 »

2013/01/07

【ホビット 思いがけない冒険】目立っていたのはホビットよりドワーフだったような気もする、三部作の第一弾:初見の感想

"The Hobbit: An Unexpected Journey" 2012年 アメリカ
監:ピーター・ジャクソン 2D字幕版

ようやく劇場で鑑賞してきました。2013年、1本目の映画です。
あまり高くない評価も目にしていたのでちょっと心配だったのですが、十分面白かったですよ!?
(^ ^)

(原作本ペーパーバック:アマゾン)

以前、3D作品で気分が悪くなったので、2Dの上映を見てきました。驚いたことに、2Dの字幕版はあまり上映されていないんですよねえ・・。3Dや吹替版の方が需要があるのか?

映画『ホビット 思いがけない冒険』予告編

以下はネタバレの感想です(「ロード・オブ・ザ・リング 三部作」含む)

またしても3時間近い長い作品ですが、全く飽きることなく、最後まで楽しく鑑賞できました。
私は原作を知らないので、うまく映画化されているのかは判断できませんが、とても面白かったです。

予告編もあまり見ずに鑑賞したので、「ロード・・」のフロドがどうして出てくるのかよくわからなかったのですが、「ロード・・」でフロドがガンダルフを迎えに行く時点から、ビルボが過去を回想するという形式だからなのですね。

とにかく「画」がすばらしい映画ですね~。中つ国の大自然、ホビットの村、裂け谷、森、敵がうじゃうじゃいる洞窟、などなど。
録画で鑑賞した「ロード・・」も凄かったですが、さらに技術的には進歩しているでしょうし、大きなスクリーンで見て圧倒されました。

そこに、これまた魅力的なキャラクターたちがゾロゾロと。ドワーフの数が13人ととにかく多かったので、彼らが目立っていましたかね~。皆ヒゲなので全員の顔と名前を覚えるのは最初から諦めていましたが。
ぐるぐる回る「ドワーフ炙り焼」のシーンは、絶体絶命なんですがちょっとユーモラスでもあり、私のお気に入りです(笑)

トーリンがいい意味での王様キャラで、格好いいですね~。ちょっと頑固で、王としての孤独感・使命感が漂っていましたよ。
演じているリチャード・アーミティッジさんが主役らしい「反撃のレスキュー・ミッション」というドラマのWOWOW再放送を見なかったのが悔やまれます。この方が出演しているとは知らなかったんですよぉ。もう一回お願いします!

さて、ドワーフ御一行様は、次々とビルボくんの家に押しかけ、豪快に宴会を始めます。ビルボくんが気の毒でならない場面です(笑)

しかし、この一見陽気に見えるドワーフ達が、実は心に深い「Home(故郷)喪失感」を抱えているというのが、この作品のキモだったような気がします。
彼らが歌う「霧ふり山脈」の物悲しいこと。しんみりしちゃいましたよ。いい曲です。王様は声がよくて歌もうまい。
(どうしても「しもふり山脈」と読んでしまうのは私だけですか・・)

確か「ロード・・」では、廃墟となったドワーフの城が登場するので、あぁ、彼らの故郷を取り戻すという望みは達成されないのか?などと思ったり。うーん、どうなんでしょう?

というわけで、このポスターが個人的には腑に落ちます。ドワーフさんたち頑張れ!

20130106 あれ?ビルボがいないよ・・(笑)

いやいや、しかしビルボなしではこの物語は始まらないし、記録もされないわけで。
彼が思いがけず冒険に巻き込まれることで、観客も一緒にこの映画に巻き込まれていくんですよね。

私はマーティン・フリーマンが出ているということで、この映画を見ようと思ったくらいですから、別の人だったら「ロード・・」を含めて一生見なかったかもしれません。私はマーティンさんに巻き込まれたようですね。

「ビルボ、可愛い~」と、何度も座席で悶絶していたのは私だけではありますまい。
個人的なトドメは、「ポニーに乗るビルボ」でした。たまらん・・(笑)

他にも彼の見せ場のシーンはたくさんありましたが、チャンスはあったのにゴラムを殺さなかったシーンが印象的でした。ちょっと意味深。
ビルボは拾った指輪をゴラムには返さないで頂いてきちゃったんですね。意思を持つという「あの指輪」がそう仕向けたのかな。

ビルボはホーム(家)に帰りたがっていましたが、ドワーフたちにはその帰るべきホーム(故郷)すらないのだということに気づいて、彼らの旅に協力することにしたのですね。
エライぞ!炎のドラゴンに黒焦げにされるかもしれないのに!

さて、「ロード・・」でもそうでしたが、ホビットさんは戦闘には全く不向きだけれども、ここぞというところでは勇気ある行動を起こすんですよね。
ビルボは敵に首を落とされそうになっているトーリンを助けて、ついに彼からの信頼を得ます。彼らが本当の意味での「旅の仲間」となったところで、この第一幕は終了という感じでしたかね。

さて、私のお気に入りキャラは、茶色の魔法使いでしたっけ?ラダガストさんです。変人さんでいいですね~。頭に鳥の巣ができていて、フンだらけなのがツボでした。何もそこまでしなくても(笑)
彼の家の上に蜘蛛の「影」が迫るシーンは不気味でなかなかよかったです。あえて見せないのがいいですね。
彼の家で看病されていたハリネズミちゃんたちが可愛い!

とんがり帽子のガンダルフは、相変わらずすっとぼけたお爺さんキャラでいい味出してます。でも一番強いかも。カッコイイですねえ。
ところで「ロード・・」でも思いましたが、最初からあの大きな鳥で旅はできないんでしょうか(笑)

白の魔法使いのサルマンが出てきたのはうれしい驚きでした!この方もいいですよね~。そうかこの後に裏切るのか・・。

エルフの皆さんは相変わらずお美しい!戦闘服ですら優美。エルロンド卿もけっこうお気に入りキャラです。ガラドリエルさん、ますますお美しくて、見とれちゃいました。

各キャラクターがかなり個性豊かというのも、この映画の特色かもしれませんね~。

誰かのセリフにありましたが、「一難去ってまた一難」の連続で、全く飽きない映画でしたよ!

「ロード・・」を見ていなくてもそれなりに楽しめるとは思います。しかし散りばめられた小ネタが理解できないので、やはり見ておいた方がより楽しめますかね。あ、ビルボの家でガンダルフがまた頭をぶつけてる、とか。
ざっくりでも、予習していってよかったです。

期待以上に面白かったので、もう1回見たいです。とにかく映像が素晴らしいので、高画質バージョンを見に行こうかと思っています。でも3Dなんですよね・・。酔いそうですよ。

今度はドワーフの皆さんの顔と名前を完璧に覚えてから行きます!

さて最後に・・

もう一つのお楽しみ(笑)、ベネディクト・カンバーバッチさんはどこにいました?
うっ、認識できなかった・・。ファン失格・・。

てっきり、あのゴールド大好きドラゴンの声担当だと思っていたんですけど、咆哮のみでよくわかりませんでした。目かなあという気もしたんですが。

しかしエンドロールではネクロマンサー(ネクロマンシー?)役となっていたので、なぬ?と思ってしまいましたよ。
何となく「黒っぽい奴」がいたような気がすることしか覚えておりません・・。姿担当?声担当?

やはり、もう一度見に行かねば・・
(= =)

----------------------------------------------------
(後日追記)2回目、見てきました。

【ホビット 思いがけない冒険】色々と思いがけなかった、はじめてのIMAXシアター:3D HFR版の感想(鑑賞2回目)

----------------------------------------------------
(関連記事)

【ロード・オブ・ザ・リング 三部作】ホビット予習!どっぷり9時間超、傑作ファンタジー映画に浸ったざっくり感想

 

人気ブログランキングへ
Thank you.

« 新年のご挨拶 | トップページ | 【ベネディクト・カンバーバッチ初来日】もしかしたら成田空港ベネさんが映るかもしれないテレビ東京の番組「YOUは何しに日本へ?」放送開始 »

コメント

M様こんにちは&あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い致しますm(__)m

「ホビット」、お気に召されたようで何よりです(^^) 私の地元では無理なのですがIMAX HFR 3Dでご覧になると、それはそれは素晴らしいそうですよ。二度目はぜひ♪

今日からいよいよ「クリミナル・マインド7」がスタートですね。そんな中、ホッチことトーマス・ギブソンがらみの驚きのニュースが!・・・(^_^;) 日本だったら放送「自粛」の文字も飛び交うところですが、アメリカではそんなこともなさそうですね。それにしても、びっくりしましたよ。本人も周りもケガしないように気をつけてほしいものですね。

ちーぷさいどさん、あけましておめでとうございます。本年も気まぐれ更新ブログですが、よろしくお願いいたします。

「ロード・・」を予習していったため、「ホビット」はものすごく楽しめた映画でした。色々と教えて頂いて、本当に感謝しております。
m(_ _)m
次回作も待ち遠しいですねえ!

そうなんですよ!「クリミナル・マインド」新シリーズの放送が始まるこのタイミングで、ホッチ役のトーマスさんのニュースを見かけてビックリしました。
先行放送を見たら何だか痩せていたし、ちょっと心配なのでした・・。
でもお待ちかねの新シリーズです、エンジョイしましょうね~♪

Mさん、こんばんは(^^) 遅くなりましたが(^^;、今年もよろしくお願いいたします!

「ホビット」の感想、楽しく拝見させていただきました!
ぐるぐる回る「ドワーフ炙り焼」のシーン、私も好きです(^^) 危機が迫っていても、どこかおかしみがあって、暗くなりすぎない感じがいいですよね~

>一見陽気に見えるドワーフ達が、実は心に深い「Home(故郷)喪失感」を抱えているというのが、この作品のキモだったような気がします。

私もそう思います! あの陽気なシーンの後だからこそ、あの「霧ふり山脈」の歌からにじみ出る深い喪失感が心に染み入ってきたと思います。
(しもふりさんみゃく、ツボでした~ そう読めますよね!)

そして、故郷と平穏を愛するビルボだからこそ、彼らの「故郷を失うことのつらさ」を理解できたんだろうなあと。
戦いには不向きなビルボが、ドワーフたちのために戦おう、旅を続けようと決意するところに、大きな感動がありましたね(^^)
私も、ゴラムを殺さなかったところや、ラストで本当の「旅の仲間」になったところ、とてもいいシーンだったと思います。

ビルボが指輪をゴラムに返さなかったのは、確かに、指輪の「意志」が働いたのかも! LOTRを見てたら、ありえる!って思いますよね~
あのまま地下にいるより、地上へ戻るビルボの手にあることで、いつか”あの場所”へ戻ろうと指輪が狙っていたのかも、って思うと、おおお!!って身震いします~ つながってるんだなあって。

それから、IMAXでHFRもご覧になったんですね!! スタトレの予告編を見られたの、うらやましいです~~
本編のベネさんは、ネクロマンサーで一瞬だけ声と影が出た感じですけど、一瞬すぎて、ファンの愛が試された感じでしたね(^^;
(次回作は、スマウグはタイトル・ロールなので(笑)、ベネさんの声がしっかり聞けると思います~)

それにしても、ビルボ、本っ当にかわいかったですよね~~vvv(←結局そこか!)
私も座席で悶絶しまくってたクチです(笑) たまらなく至福のひとときでした……!!
次回作での、マーティン・ビルボとスマウグ・ベネさんの共演が楽しみで楽しみで仕方ないです(笑)
本当に待ち遠しいですね~(^^)

るあるあさん、るあるあさんのブログ同様、愛あふれる熱いコメントをありがとうございます。ときどきお邪魔しておりますよ!
こちらこそ、本年もよろしくお願いいたします。
m(_ _)m

私は先月やっと「ロード・オブ・ザ・リング」を見たばかりなので、深い記事は全く書けないのですが、それでも十分楽しんでいるので、「ホビット」の感想もアップしてみました。

何といってもベネさんとマーティンさんが揃っている作品ということで、私にとっては「裏シャーロック」のようなものです(笑)
しかし、今回のベネさん・ネクロマンサーは、私の愛が足りないせいか、正直よくわかりませんでした・・。
ドラゴンのスマウグって、喋るんですかね?!次回作では、あのベネさんの美声が聞けるのでしょうか?

そして、マーティン・ビルボが本当に可愛くて、見ているだけで顔がほころんでしまうという・・
(^ ^)

さらに、「ホビット」関連で色々なマーティンさんを見たせいか、「シャーロック」のジョンが以前より男前に見えてしまう副作用が発生しているのは、私だけですか?(笑)

早く続きを~!という、この状態があと2年近く続くんですね。
楽しみにしつつ、待ちたいと思います!

この記事へのコメントは終了しました。

« 新年のご挨拶 | トップページ | 【ベネディクト・カンバーバッチ初来日】もしかしたら成田空港ベネさんが映るかもしれないテレビ東京の番組「YOUは何しに日本へ?」放送開始 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お気に入り俳優さん出演

10ヵ月以上前の月

  • ↓「バックナンバー」クリックで表示されます
    (2011年9月~)