フォト

管理人Mのお気に入り


  • Pen
    2015年12月号
    007 スペクター特集


  • ミステリマガジン
    2015年7月号
    海外ミステリ・ドラマ・ガイド


  • ムービースター
    2015年5月号
    英国俳優特集


  • SCREEN 2015年4月号
    ベネさんチューリング別冊


  • シャーロック・クロニクル
    日本語版!豪華本


  • ELLE JAPON 2015年2月号
    ベネさん特別版


  • CUT 2015年1月号
    ゲイムービー特集


  • CD付 英語でシャーロック!
    ENGLISH JOURNAL 2015年1月号増刊


  • 映画秘宝 2015年1月号
    名探偵特集


  • SCREEN 2014年12月号
    第2回英国男優総選挙

ピックアップ

  • ついに週刊誌の表紙!

    AERA(アエラ)
    2013年 9/2号

  • ベネさん表紙・ポスター・来日特集!

    スクリーン
    2013年10月号

  • マーティンさん本!

    マーティン・フリーマン
    FLIX special

  • ベネさん&マーさん本!

    Benedict Cumberbatch & Martin Freeman Complete

  • ついに!マーさんが表紙!

    SCREEN(スクリーン)
    2013年 8月号

  • 再び、ベネさんが表紙!

    ムービー・スター
    2013年7月号
    しましま靴下ベネさん
    (記事はコチラ)

  • ついに出た、ベネさん本。

    シャーロック&ベネディクト FLIX special
    発売中
    (感想はコチラ)

  • SHERLOCK:表紙再び。ミステリマガジン2013年4月号
  • シャーロック(BBCドラマ):ケースブック

    日本語版ケースブック!
    (記事はコチラ)
    必携の公式ガイドブック
    (原書の記事はコチラ)

  • イギリスびいきのブログです

    "SHERLOCK"出演クッション
    (記事はコチラ)

当ブログ必修科目

  • SHERLOCK (シャーロック)

    2014年5月、第3シリーズ放送予定(NHK-BSプレミアム)

  • Tinker Tailor Soldier Spy (裏切りのサーカス)

    2012年4月21日全国公開・DVDリリース済

  • CRIMINAL MINDS (クリミナル・マインド)

    シーズン8放送中(WOWOW)

ランキング参加中

ネタバレについて

  • 海外ドラマ・映画の記事はネタバレですのでご注意下さい(基本的には国内放送・公開後)。 意図的に黒色テキストを使用している場合があります。カーソルで反転させてお読み下さい。
無料ブログはココログ

« 【SHERLOCK】出た!公式カレンダーのビジュアル | トップページ | 【SHERLOCK】2012年エミー賞:13部門ノミネートも受賞はならず »

2012/09/22

【ラスト・エネミー 近未来監視国家の陰謀】ベネさん出ずっぱりの近未来ミステリー(後半ネタバレ注意)

"The Last Enemy" (2008) イギリス TVミニシリーズ 全5話

かなり昔にWOWOWで放送されていたような気がするこのドラマ、ベネディクト・カンバーバッチがどうしても見たくて、お取り寄せでレンタル鑑賞してみました。

ジャケを見て、てっきりベネさんはサブキャラかと思っていたのですが、堂々の主役じゃないですか・・!ごめんなさい(笑)

(アマゾン)

お話はちょっと大味でB級テイストのような気もしましたが、なかなかスリリングです。ちょっと全5話は長いような気がしましたが・・。

事前情報ゼロで見たのですが、ベネさんが「シャーロック」でのシーツ姿よりさらに脱いでいたのでちょっと驚き。しかし、それ必要か?(笑)

とりあえずベネさんは主役で出ずっぱりなので、ファンなら見て損はない作品でしょう。
しかし、演技をじっくり見るという感じの作品ではないかな・・

主役のベネさんは若くてカッコイイのですが、謎の男やお兄さんの方が渋かったですね。(浮気)

(予告編より一部引用)
20XX年、イギリス。テロ対策の名の下、画期的な国民監視システムが制定されようとしていた。
その裏で画策する政府の陰謀。事件に巻き込まれた科学者。彼に近づく謎の女。敵か味方か?闇のエージェント。
もはやフィクションではない!?緊迫のリアル・アクション。

The Last Enemy

(以下はネタバレの感想です)

私は組織の陰謀系のお話は好きなので、この作品のテイストも好きなのですが、ちょっとよくわからないうちに終わってしまったなあというのが、率直な感想です。私がバカなのかもしれませんが・・。

要するに、×××は、政府側についていたということか?だから怪しげな実験の証拠隠滅のために、政府側から指示を受けて、×××も×××も「掃除」してしまったということかな?

主役のスティーヴンは結局、ある方法で、危険分子(UNAS:ユーナス)として登録されてしまったと。
タイトルの「最後の敵」というのは、政府側から見た場合の、主人公自らのことだったということでよろしいでしょうか?

どうもこのドラマは、ラブ・ストーリー要素が無理矢理っぽいのが、私が感じた違和感の元凶のような気がするのですが・・。

主人公は極端な潔癖症のようでしたが、会ったばかりの得体の知れない兄の妻の誘いに乗るなど、最初からよくわからない展開。一目惚れということなのか??
そして元カノが大臣?ですと?何だか話が大きすぎて、ちょっとついていけません。

イギリスでは爆弾テロも実際に起きており、監視カメラもたくさんありそうです。そういう社会情勢の中で鑑賞すると、「ありえる未来」として、いっそう危機感を感じるドラマなのかも。

私は悪役好きなので、渋い謎の男ラッセルに惹かれました。この役者さん(Robert Carlyle)は、「フル・モンティ」にご出演の方なんですか?見なくちゃ・・(笑)

たぶん死んでないなと思われたお兄さんも、なかなか渋かったですね。最後はずいぶんアッサリでしたが。

私は、兄の妻が絶対にアヤしいと、最後まで彼女を疑っていたのですが、全く何もなくて、拍子抜け(笑)。ただの純愛だったのか?
ちょっと彼女には感情移入はできなかったですかねえ・・

とりあえず、ベネさんでお腹いっぱいになれるドラマシリーズではありました。

WOWOWさんが、再放送してくれればいいのになあ~
リクエストしてみようかな?

 

人気ブログランキングへ
Thank you.

« 【SHERLOCK】出た!公式カレンダーのビジュアル | トップページ | 【SHERLOCK】2012年エミー賞:13部門ノミネートも受賞はならず »

コメント

これ、しばらく前に見ました。
プロットはいいんだけどうまく話を発展させていない話だなぁと思いました。
以下、ネタバレします。




私も主人公とあの兄嫁のロマンスがあまりにも唐突過ぎて最後まで感情移入できませんでした。
一目惚れするほどの絶世の美女というわけでもなかったし、何より愛する夫が亡くなったというのに葬式のその日に他の男と(しかも義弟!!)寝てしまう女性に説得力が全くなし。

主人公のOCDも途中からあの設定はどうなった!?状態だったし、最初から全然必要ない設定だったと思います。

ラッセルについてはああ、「フル・モンティ」の人だぁ~、と思いながら見てたんで、あの情けない役とはかけ離れたクールっぽい役柄がどうも似合わない気がしておかしくて仕方なかったです。

ベネディクト目的に見ましたが内容はお粗末なシリーズだったと思います。テーマはすごく良くて作りようによってはもっと素晴らしいサスペンス作品になる可能性のある話だっただけにすごく残念でした。脚本が良くなかったと思います。二度と見たいと思わないしあのエンディングはかなり唖然としますよね~。(悪い意味で)
あ、でもベネディクトは相変わらず演技上手かったです(笑)。怯えるシーンとか真に迫ってました。

ANさん、コメントをありがとうございます。

この作品はあまり有名ではないようなので、どうかなあと思いつつ記事をアップしましたが、ご覧になられていましたか!

いきなり冒頭で、仲の悪い?兄の妻とラブラブになるという展開がひっかかり、かといってそれがないと話が進まないという、ちょっと納得しにくい作品でしたかね~

なるほど、「フル・モンティ」を先に見ていると、このドラマでは妙にシリアスなだけに、おかしくて集中できないかもしれませんね。

次は「フル・モンティ」を借りてこようと思います(笑)

この記事へのコメントは終了しました。

« 【SHERLOCK】出た!公式カレンダーのビジュアル | トップページ | 【SHERLOCK】2012年エミー賞:13部門ノミネートも受賞はならず »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お気に入り俳優さん出演

10ヵ月以上前の月

  • ↓「バックナンバー」クリックで表示されます
    (2011年9月~)