フォト

管理人Mのお気に入り


  • Pen
    2015年12月号
    007 スペクター特集


  • ミステリマガジン
    2015年7月号
    海外ミステリ・ドラマ・ガイド


  • ムービースター
    2015年5月号
    英国俳優特集


  • SCREEN 2015年4月号
    ベネさんチューリング別冊


  • シャーロック・クロニクル
    日本語版!豪華本


  • ELLE JAPON 2015年2月号
    ベネさん特別版


  • CUT 2015年1月号
    ゲイムービー特集


  • CD付 英語でシャーロック!
    ENGLISH JOURNAL 2015年1月号増刊


  • 映画秘宝 2015年1月号
    名探偵特集


  • SCREEN 2014年12月号
    第2回英国男優総選挙

ピックアップ

  • ついに週刊誌の表紙!

    AERA(アエラ)
    2013年 9/2号

  • ベネさん表紙・ポスター・来日特集!

    スクリーン
    2013年10月号

  • マーティンさん本!

    マーティン・フリーマン
    FLIX special

  • ベネさん&マーさん本!

    Benedict Cumberbatch & Martin Freeman Complete

  • ついに!マーさんが表紙!

    SCREEN(スクリーン)
    2013年 8月号

  • 再び、ベネさんが表紙!

    ムービー・スター
    2013年7月号
    しましま靴下ベネさん
    (記事はコチラ)

  • ついに出た、ベネさん本。

    シャーロック&ベネディクト FLIX special
    発売中
    (感想はコチラ)

  • SHERLOCK:表紙再び。ミステリマガジン2013年4月号
  • シャーロック(BBCドラマ):ケースブック

    日本語版ケースブック!
    (記事はコチラ)
    必携の公式ガイドブック
    (原書の記事はコチラ)

  • イギリスびいきのブログです

    "SHERLOCK"出演クッション
    (記事はコチラ)

当ブログ必修科目

  • SHERLOCK (シャーロック)

    2014年5月、第3シリーズ放送予定(NHK-BSプレミアム)

  • Tinker Tailor Soldier Spy (裏切りのサーカス)

    2012年4月21日全国公開・DVDリリース済

  • CRIMINAL MINDS (クリミナル・マインド)

    シーズン8放送中(WOWOW)

ランキング参加中

ネタバレについて

  • 海外ドラマ・映画の記事はネタバレですのでご注意下さい(基本的には国内放送・公開後)。 意図的に黒色テキストを使用している場合があります。カーソルで反転させてお読み下さい。
無料ブログはココログ

« 【外事警察】89分リミックス版:久々に鑑賞した感想 on NHK総合 (ストーリーのネタバレなし) | トップページ | 【SHERLOCK】日本版DVD&ブルーレイは、箱入り? »

2012/05/06

【蜘蛛女】ダメ男すぎるゲイリー・オールドマンを見てしみじみする映画

"Romeo Is Bleeding" 1993年 イギリス・アメリカ 監:ピーター・メダック

「裏切りのサーカス」で久々に見たゲイリー・オールドマンが老け役だったので、発作的に若い頃の彼が見たくなり、ちょっと昔の映画をレンタルしてきました。
レンタルやさんのガイドブックで紹介されていて、気になっていたのです。

邦題がB級お色気ホラー映画みたいになっちゃってます(笑)。主役は女じゃなくてゲイリー・オールドマンですってば!
最近たまたま、この映画の字幕翻訳をした方のエッセイを読んだのですが、この方もこの邦題を聞いてビックリしたみたいです(笑)。邦題は配給会社宣伝部がつけるのだそうな・・。

正直に言うと、途中ちょっと退屈してしまったのですが、ラストのヒネリには驚きました。不思議な後味の映画かな?
ゲイリー・オールドマンはやはりイイなあと、再認識させてくれる映画です。

それにしても、この女殺し屋は強烈キャラですな・・
美人の女殺し屋に苛められたい方にはオススメの映画です(笑)

(あらすじ)
マフィアに情報を流して金を受け取っている汚職刑事のジャック(ゲイリー・オールドマン)。彼は妻を愛していたが、根っからの女好きであり、若い愛人も囲っていた。あるとき、美人だが狡猾で残忍な女殺し屋モナ(レナ・オリン)の護送を担当するが、彼女の罠に絡め取られ、転落していく・・。

Romeo is Bleeding (1993) Official Theatrical Trailer

(以下はネタバレの感想です)

わあ!この人また汚職してる!と思いましたよ・・(笑)。私は「レオン」でゲイリー・オールドマンのファンになったので。
いや、逆にこの作品があったから、「レオン」があるのかもしれませんが。

それにしてもジャックのダメ男ぶりが突き抜けてますね~。お金と女が大好き。無邪気といえば無邪気なのですが。だからつい同情してしまう。見事に「タチの悪い女」に引っかかってますよ!

いや、タチが悪いというか、モナはもう狂気の世界の住人でした。自分の腕まで切り落としちゃって?!
彼女の声が低くてこれがまた凄みがありましたねぇ・・
上の予告編にもありましたが、凄い格好で車から這い出し、ヒールを放り投げてガーッと走り去るシーンには、唖然としました(笑)

ジャックの妻ナタリーが置いていったというアルバムが、最後のヒネリでしたね。
彼らの結婚アルバムかと思ったのですが、後ろの方には、ジャックの何人ものガールフレンドの写真が貼られているのです!そう、妻は彼の浮気を全て知っていたようです。

こんなアルバムを残していくとは、妻ナタリーも、モナとは別の意味で、「怖い女」なのでした。
モナのページもありますが、なぜか写真はありません。これは、IMDBによると、単に写真が撮影できなかった、モナがナタリーを殺して持ち去った、ジャックが見るのがつらくて写真を外した、と、諸説あるようです。

ダイナーの壁には、ジャックがダイナーの住所で「ナタリー宛て」に出した手紙が飾ってあります。妻がこのダイナーに来ることを信じて、以前にジャックが投函した手紙なのでしょう。

しかしナタリーは、幻でしか現れません。彼女は生きているのか?それともモナに殺されているのか?作中で明確な答えは示されません。

一つ確かなことは、ジャックは全てを失い、生きながら(精神的には)死んでいるという状態にある、ということかな?
それが、原題の"Romeo Is Bleeding"「ロミオ(色男)は血を流し続けている」ということなんでしょう。

人の気配のないダイナーのシーンは、夢か現かわからないなあと、個人的には思っています。ひょっとしたら、もうジャックは文字通り「生きていない」のかもしれません。

 

人気ブログランキングへ
Thank you.

« 【外事警察】89分リミックス版:久々に鑑賞した感想 on NHK総合 (ストーリーのネタバレなし) | トップページ | 【SHERLOCK】日本版DVD&ブルーレイは、箱入り? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お気に入り俳優さん出演

10ヵ月以上前の月

  • ↓「バックナンバー」クリックで表示されます
    (2011年9月~)