フォト

管理人Mのお気に入り


  • Pen
    2015年12月号
    007 スペクター特集


  • ミステリマガジン
    2015年7月号
    海外ミステリ・ドラマ・ガイド


  • ムービースター
    2015年5月号
    英国俳優特集


  • SCREEN 2015年4月号
    ベネさんチューリング別冊


  • シャーロック・クロニクル
    日本語版!豪華本


  • ELLE JAPON 2015年2月号
    ベネさん特別版


  • CUT 2015年1月号
    ゲイムービー特集


  • CD付 英語でシャーロック!
    ENGLISH JOURNAL 2015年1月号増刊


  • 映画秘宝 2015年1月号
    名探偵特集


  • SCREEN 2014年12月号
    第2回英国男優総選挙

ピックアップ

  • ついに週刊誌の表紙!

    AERA(アエラ)
    2013年 9/2号

  • ベネさん表紙・ポスター・来日特集!

    スクリーン
    2013年10月号

  • マーティンさん本!

    マーティン・フリーマン
    FLIX special

  • ベネさん&マーさん本!

    Benedict Cumberbatch & Martin Freeman Complete

  • ついに!マーさんが表紙!

    SCREEN(スクリーン)
    2013年 8月号

  • 再び、ベネさんが表紙!

    ムービー・スター
    2013年7月号
    しましま靴下ベネさん
    (記事はコチラ)

  • ついに出た、ベネさん本。

    シャーロック&ベネディクト FLIX special
    発売中
    (感想はコチラ)

  • SHERLOCK:表紙再び。ミステリマガジン2013年4月号
  • シャーロック(BBCドラマ):ケースブック

    日本語版ケースブック!
    (記事はコチラ)
    必携の公式ガイドブック
    (原書の記事はコチラ)

  • イギリスびいきのブログです

    "SHERLOCK"出演クッション
    (記事はコチラ)

当ブログ必修科目

  • SHERLOCK (シャーロック)

    2014年5月、第3シリーズ放送予定(NHK-BSプレミアム)

  • Tinker Tailor Soldier Spy (裏切りのサーカス)

    2012年4月21日全国公開・DVDリリース済

  • CRIMINAL MINDS (クリミナル・マインド)

    シーズン8放送中(WOWOW)

ランキング参加中

ネタバレについて

  • 海外ドラマ・映画の記事はネタバレですのでご注意下さい(基本的には国内放送・公開後)。 意図的に黒色テキストを使用している場合があります。カーソルで反転させてお読み下さい。
無料ブログはココログ

« 【ゾウズ・フー・キル2 殺意の深層】6月に続編がWOWOWで放送決定:デンマーク製クライムサスペンス | トップページ | 【三毛猫ホームズの推理】カワイイ刑事とカワイイ化け猫のドラマ on 日テレ »

2012/04/14

【Endless SHOCK】KinKi Kids 初級者による初見の感想 (2012.04.06 帝国劇場)

KinKi Kids(キンキキッズ)のファンである友人が、"最もチケットの取れない演劇"らしい、堂本光一さん主演の「Endless SHOCK」帝劇公演に連れて行ってくれました。
全日程、即日完売らしいですよ・・?

Teikoku

内容盛りだくさんの作品でした。飽きさせませんね。まさに「エンターテインメント」といったところでしょうか?演者はかなり大変そうな舞台でしたが。

ストーリーは素直なので、バラエティに富んだ劇中劇ならぬ劇中ショーが「見どころ」かな?
きっと「お気に入り」のJ事務所の役者さんがいれば、さらにハマる舞台なのでありましょう。

なお、観客の推定98%は女性だったと思われます・・。(幕間はお手洗いが大混雑!)

帝国劇場「Endless SHOCK」

(あらすじ)
ニューヨークのオフ・ブロードウェイの小さな劇場で、才能豊かなコウイチ(堂本光一)は仲間たちと共に情熱あふれる舞台を生み出していた。その評判が新聞に掲載され、彼らはオン・ブロードウェイへの誘いを受ける。ウチ(内博貴)を始めとしたカンパニーのメンバー達は心躍らせるが、コウイチと彼らの間には微妙な亀裂が生じ始めていた。コウイチとメンバー達は様々な思いを胸に、舞台へと向かうのだが・・・。
"Show Must Go On!"

(以下はネタバレの感想です)

一度見たきりなので、細かい順序等は覚えていないのですが、とにかく盛りだくさん!
ダンス・歌・空中フライング・イリュージョン・殺陣・太鼓・シェイクスピア・階段落ち・客席から登場、などなどなど。
見どころがたくさんありすぎて、お腹いっぱいといった感じです。
あぁ、だから「Endless SHOCK」というタイトルなんですかね・・。勝手に納得。

てっきりフライングは、最後の盛り上がりで披露されるのかと思いきや、冒頭でいきなりコウイチくんが正面から飛んできたので驚きましたよ・・
どうもフライングは見ているのが怖くて、ハラハラしておりました。特に長い布を掴んでいるだけ?のフライングは、ひぇぇええ?!という感じでしたね~。
危ないから飛ばなくていいから!と思ってしまった(笑)

お笑い担当?のオーナー(植草克秀)が軽妙かつ大人の落ち着きで、なかなかよかったような気がします。作品のベースを支えているような感じでしょうか?
久々に歌声を聴きましたが、どうしても少年隊を思い出してしまう世代の私。タップダンスもお上手なのですね!

一番難しい役どころだな~と思ったのが、ウチくんです。ひょっとしたら主役よりストーリー面では一番難しい役なのでは?
泣きの演技はなかなかで、観客の涙を誘っておりましたね~。もっとも、私の涙腺が緩むまでには至りませんでしたが。

意外だったのは、シェイクスピア劇が出てきたところです。「生きるべきか死ぬべきか・・」の有名なセリフがあったので何となくシェイクスピアかな~とは思いましたが、私は詳しくないのでよくわかりませんでした。
「ハムレット」だったのかな?墓地や剣術試合のシーンもあるようですし。元ネタを知っていれば、もっと楽しめたかもしれません。

さて、この作品のテーマはずばり、「Show Must Go On」だと思うのですが、そんな作品を、昨年は地震の影響で公演中止にしなければいけなかったのですね。
かなり複雑な気持ちだっただろうなあというのが、鑑賞して初めて理解できました。

そして彼らは見事にこのショーを再開し、続けています。しかも今年は博多公演も加わり、4ヵ月もの長期公演。作品テーマを自ら実践し、観客に示しているわけです。

「立ち止まったら、そこで終わり」

大震災を受けて、よりメッセージ性が強く感じられる作品になったのかもな~と、ふと思いました。
(以前は見ていませんから、正確にはわかりませんが)

それにしても、主人公があのようなことになるのは可哀想なので、私が脚本担当ならば、全てオーナーの夢か、全てが劇だったということにしますけど?(笑)

で、フィナーレは、皆であの階段を転がってくるとか・・。

却下?

 

人気ブログランキングへ
Thank you.

« 【ゾウズ・フー・キル2 殺意の深層】6月に続編がWOWOWで放送決定:デンマーク製クライムサスペンス | トップページ | 【三毛猫ホームズの推理】カワイイ刑事とカワイイ化け猫のドラマ on 日テレ »

コメント

うーん、見所いっぱいでぜひみてみたいですね。

エネマシリンジさん、コメントをありがとうございます。
最近、こちらの記事へのアクセスが増えたなあと思っていたのですが、2013年の帝劇公演が始まったのですね。

キャストも一新されたようですので、また少し違った作品が展開されているのではないでしょうか?
もうチケットは完売らしいので、私は見られませんけど・・。
(^ ^;)

この記事へのコメントは終了しました。

« 【ゾウズ・フー・キル2 殺意の深層】6月に続編がWOWOWで放送決定:デンマーク製クライムサスペンス | トップページ | 【三毛猫ホームズの推理】カワイイ刑事とカワイイ化け猫のドラマ on 日テレ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お気に入り俳優さん出演

10ヵ月以上前の月

  • ↓「バックナンバー」クリックで表示されます
    (2011年9月~)