フォト

管理人Mのお気に入り


  • Pen
    2015年12月号
    007 スペクター特集


  • ミステリマガジン
    2015年7月号
    海外ミステリ・ドラマ・ガイド


  • ムービースター
    2015年5月号
    英国俳優特集


  • SCREEN 2015年4月号
    ベネさんチューリング別冊


  • シャーロック・クロニクル
    日本語版!豪華本


  • ELLE JAPON 2015年2月号
    ベネさん特別版


  • CUT 2015年1月号
    ゲイムービー特集


  • CD付 英語でシャーロック!
    ENGLISH JOURNAL 2015年1月号増刊


  • 映画秘宝 2015年1月号
    名探偵特集


  • SCREEN 2014年12月号
    第2回英国男優総選挙

ピックアップ

  • ついに週刊誌の表紙!

    AERA(アエラ)
    2013年 9/2号

  • ベネさん表紙・ポスター・来日特集!

    スクリーン
    2013年10月号

  • マーティンさん本!

    マーティン・フリーマン
    FLIX special

  • ベネさん&マーさん本!

    Benedict Cumberbatch & Martin Freeman Complete

  • ついに!マーさんが表紙!

    SCREEN(スクリーン)
    2013年 8月号

  • 再び、ベネさんが表紙!

    ムービー・スター
    2013年7月号
    しましま靴下ベネさん
    (記事はコチラ)

  • ついに出た、ベネさん本。

    シャーロック&ベネディクト FLIX special
    発売中
    (感想はコチラ)

  • SHERLOCK:表紙再び。ミステリマガジン2013年4月号
  • シャーロック(BBCドラマ):ケースブック

    日本語版ケースブック!
    (記事はコチラ)
    必携の公式ガイドブック
    (原書の記事はコチラ)

  • イギリスびいきのブログです

    "SHERLOCK"出演クッション
    (記事はコチラ)

当ブログ必修科目

  • SHERLOCK (シャーロック)

    2014年5月、第3シリーズ放送予定(NHK-BSプレミアム)

  • Tinker Tailor Soldier Spy (裏切りのサーカス)

    2012年4月21日全国公開・DVDリリース済

  • CRIMINAL MINDS (クリミナル・マインド)

    シーズン8放送中(WOWOW)

ランキング参加中

ネタバレについて

  • 海外ドラマ・映画の記事はネタバレですのでご注意下さい(基本的には国内放送・公開後)。 意図的に黒色テキストを使用している場合があります。カーソルで反転させてお読み下さい。
無料ブログはココログ

« 【スケッチ怪人百面相!】第1シリーズ放送中:WOWOWさん続編もぜひ!のUKコメディ | トップページ | 【Tinker Tailor Soldier Spy】裏切りのサーカス:出演者を探しながら見る、アカデミー賞授賞式 »

2012/02/27

【英国王のスピーチ】助演男優賞も差し上げたい、アカデミー賞4部門受賞映画

"The King's Speech" 2010年 イギリス・オーストラリア 監:トム・フーパー
字幕版

もうすぐ第84回アカデミー賞の授賞式です。
個人的な注目点は、主演男優賞にノミネートされているゲイリー・オールドマン、昨年主演男優賞を受賞しているコリン・ファース、どうやら出席するらしい?ベネディクト・カンバーバッチが、画面にどれくらい映るかという点なのですが・・(笑)
皆さん「裏切りのサーカス(Tinker Tailor Soldier Spy)」に出演。脚色賞と作曲賞も受賞できるといいですね!

さて、昨年のアカデミー賞の作品賞・監督賞(トム・フーパー)・主演男優賞(コリン・ファース)・脚本賞を受賞した「英国王のスピーチ」をWOWOWさんがやっと放送してくれました。
一緒に「セント・トリニアンズ女学院」「ラブ・アクチュアリー」も放送され、さながらコリン・ファース祭りでしたね~
(こちらの感想はまた後日にでも)

ちなみに、助演男優賞(ジェフリー・ラッシュ)、助演女優賞(ヘレナ・ボナム=カーター)はノミネートはされたものの受賞はならず。

ジェフリー・ラッシュが良かったですね~。ほぼ主演に近い助演なのでは、と思います。
もちろんコリン・ファースの苦悩する王様も素晴らしかったです。

↓予告編だけで感動します(笑)

「英国王のスピーチ」予告編(日本版)

以下はネタバレの感想です。

登場人物も少なく、非常にシンプルな話だというのに、2時間あっという間でした。誰が見ても面白くて感動するという、ウェルメイドな作品という印象です。

冒頭、大観衆の前で、吃音症のためスピーチが全くうまくできない主人公がひたすら気の毒です。
それなのに、お兄ちゃんは王冠より愛に走り、主人公が王位を継承することになってしまいます。スピーチの機会は増えるし、さらに戦争まで始まって、主人公はどんどん追い込まれて行くという・・。

実はローグが免許のある「ドクター」ではなかったという点だけが、この映画のちょっとしたヒネリでしょうか。
彼は主人公が色々と抑圧されて育ち、父親や兄への引け目、王という地位への怖れがあることを見抜き、友人として励ましていきます。

それにしても、ジェフリー・ラッシュの素晴らしいこと。シェイクスピアが好きな愛嬌のある父親でもあり、一般家庭代表としても描かれています。彼を支える奥さんもよかったですね。いきなり王様夫妻が家に来たらそりゃ驚くわ~(笑)

絶対的に身分が違っても、人としての友情は存在するという真実が、この映画の感動ポイントの一つでしょうか?

ローグの助けを借りながら開戦スピーチに臨む主人公。過去を乗り越えて王として生きる覚悟ができたのか、スピーチ後半はローグすら彼の演説に聞き入ってしまいます。

開戦スピーチを見事に終えた主人公、歩く姿は堂々として「王様誕生」という感じでした。家族でテラスに出て行き大観衆に応えるシーンは、いいですねぇ~

おそらく映画の観客は、物語の中の人たちと同化して、主人公のスピーチに聞き入ってしまうのだと思います。
あんなに演説がヘタだったのに、こんなにも力強い心のこもったメッセージが聞けるとは~。そうだそうだ!非人道的なドイツには負けないぞ!王様万歳!イギリス万歳!と。

日本はかつてイギリスの敵国だったことは忘れて、ただ感動です(笑)

ロイヤルウェディングもありましたし、抜群のタイミングで作られた映画かもしれませんね。

面白かったです!

(なお、吹替版も見たのですが、主人公の吃音症が軽症に聞こえたかな・・。字幕版でコリン・ファース様のお声を堪能することをオススメいたします。)

 

人気ブログランキングへ
Thank you.

« 【スケッチ怪人百面相!】第1シリーズ放送中:WOWOWさん続編もぜひ!のUKコメディ | トップページ | 【Tinker Tailor Soldier Spy】裏切りのサーカス:出演者を探しながら見る、アカデミー賞授賞式 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お気に入り俳優さん出演

10ヵ月以上前の月

  • ↓「バックナンバー」クリックで表示されます
    (2011年9月~)