フォト

管理人Mのお気に入り


  • Pen
    2015年12月号
    007 スペクター特集


  • ミステリマガジン
    2015年7月号
    海外ミステリ・ドラマ・ガイド


  • ムービースター
    2015年5月号
    英国俳優特集


  • SCREEN 2015年4月号
    ベネさんチューリング別冊


  • シャーロック・クロニクル
    日本語版!豪華本


  • ELLE JAPON 2015年2月号
    ベネさん特別版


  • CUT 2015年1月号
    ゲイムービー特集


  • CD付 英語でシャーロック!
    ENGLISH JOURNAL 2015年1月号増刊


  • 映画秘宝 2015年1月号
    名探偵特集


  • SCREEN 2014年12月号
    第2回英国男優総選挙

ピックアップ

  • ついに週刊誌の表紙!

    AERA(アエラ)
    2013年 9/2号

  • ベネさん表紙・ポスター・来日特集!

    スクリーン
    2013年10月号

  • マーティンさん本!

    マーティン・フリーマン
    FLIX special

  • ベネさん&マーさん本!

    Benedict Cumberbatch & Martin Freeman Complete

  • ついに!マーさんが表紙!

    SCREEN(スクリーン)
    2013年 8月号

  • 再び、ベネさんが表紙!

    ムービー・スター
    2013年7月号
    しましま靴下ベネさん
    (記事はコチラ)

  • ついに出た、ベネさん本。

    シャーロック&ベネディクト FLIX special
    発売中
    (感想はコチラ)

  • SHERLOCK:表紙再び。ミステリマガジン2013年4月号
  • シャーロック(BBCドラマ):ケースブック

    日本語版ケースブック!
    (記事はコチラ)
    必携の公式ガイドブック
    (原書の記事はコチラ)

  • イギリスびいきのブログです

    "SHERLOCK"出演クッション
    (記事はコチラ)

当ブログ必修科目

  • SHERLOCK (シャーロック)

    2014年5月、第3シリーズ放送予定(NHK-BSプレミアム)

  • Tinker Tailor Soldier Spy (裏切りのサーカス)

    2012年4月21日全国公開・DVDリリース済

  • CRIMINAL MINDS (クリミナル・マインド)

    シーズン8放送中(WOWOW)

ランキング参加中

ネタバレについて

  • 海外ドラマ・映画の記事はネタバレですのでご注意下さい(基本的には国内放送・公開後)。 意図的に黒色テキストを使用している場合があります。カーソルで反転させてお読み下さい。
無料ブログはココログ

カテゴリー「17.Elementary」の22件の記事

2014/01/27

【フランケンシュタイン】ナショナル・シアター・ライヴ上映決定:チケット先行抽選販売受付中

最近、管理人Mが小躍りした話題がこれです。

ベネディクト・カンバーバッチとジョニー・リー・ミラーが入れ替わりで博士役と怪物役を演じた舞台作品が、映画館で上映されますよ!やっと日本でも上映です。

ずいぶん前に記事を書きましたが、世界各地で上映されるというのに、日本は仲間ハズレで、悲しい思いをしていたのです。

これはぜひ、両バージョンとも見たい!!

National Theatre Live 50th Anniversary Encore Screenings: Frankenstein trailer

 

なかなかチケット情報が出なかったのですが、やっと出ました。
ぴあで発売するようですね。

http://ticket.pia.jp/pia/event.do?eventCd=1403723

先行抽選販売「プレリザーブ」
◆受付期間:2014年1月26日(日)11:00~2月3日(月)11:00
◆当選発表・チケット引換開始:2014年2月3日(月)20:00頃

一般販売
◆2014年2月7日(金)10:00~

ナショナル・シアター・ライヴ 『フランケンシュタイン』 先行抽選販売決定! (TOHOシネマズ)

http://www.tohotheater.jp/event/frankenstein.html

実施日 2月14日(金)~2月16日(日)、2月21日(金)~2月23日(日)
実施時間 19:00
料金 2,700円均一

実施劇場
【関東】六本木ヒルズ、西新井、府中、ららぽーと船橋、流山おおたかの森、海老名、川崎、ららぽーと横浜
【東海】浜松、名古屋ベイシティ
【関西】梅田、なんば、二条、西宮OS
【九州】天神

なぬっ、一日1公演なんですか?!
てっきり、映画のように何回か上映されるのかと・・

この作品、たとえベネさんジョニさんファンじゃなくても、演劇ファンなら見たいですよね、きっと。

チケット取れるのかな??劇場によってもキャパが違いそうですね。
当たりますように~!

それにしても、ベネさんは「シャーロック」で大人気、今はWOWOWでジョニさん主演の現代NY版ホームズものである「エレメンタリー」が放送中ということで、同じ探偵役を演じている二人が博士と怪物で共演とは、何だか不思議な感じがしますよ・・。
 


(関連記事)

【Frankenstein Encore】二人のシャーロックが対決!怖そうなお芝居:フランケンシュタイン(2012/03/13)

 

人気ブログランキングへ
Thank you.

2014/01/04

【エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY】#11 命の洗濯

"Elementary" #11 Dirty Laundry 吹替版

ワトソンさんのホームズ付き添い契約が終了間近のようです。ホームズはワトソンさんに残って欲しいようですが、契約更新はあるのか?
 

(あらすじ) ※番組サイトより引用

高級ホテルの洗濯室にある洗濯機から、死体が発見された。被害者はホテルの支配人テリ・パーセル。オフィスで何者かと争いになった後、証拠隠滅のために洗濯機に放り込まれ、洗われてしまったらしい。テリには夫と高校生の娘がおり、夫オリヴァーは失業中でテリとギクシャクしていたが、アリバイはあった。慈善団体職員ジェフリー・シルヴァーとテリが浮気していた疑いも出るが確証に至らず、捜査は行き詰まるが……。

(以下はネタバレの感想です)

(洗濯機に放り込まれたホテル支配人)

ホテルの部屋係がガタガタ動いている洗濯機の扉を開けると、女性支配人の死体がゴロリ。ひぇえ。洗濯機に死体も、けっこう定番ですかね・・

この支配人、慈善活動にも熱心な立派な女性かと思いきや、話が進むにつれてどんどん怪しくなっていき、なんと、ロシアのスパイですと!話のスケールが大きくなりました。

何か国際的な陰謀に巻き込まれたのか?!と、スパイ好きな管理人Mは期待したのですが、結局は親子喧嘩で娘に突き飛ばされて、机の角に頭を打ったらしい(笑)
実は彼女は死んではいなかったようですが、ハンドラーの男にトドメを刺されたと。

最後まで、この娘が怪しい、優しいワトソンさんが危険な目に遭うかも!などと思って見ていたのですが、素直に終わっちゃいました・・。
(- -)
 

(ワトソンさんのお仕事)

ホームズの捜査に付き合うのがなかなか面白いと認めたワトソンさんですが、次の仕事の契約を決めちゃったのだとか?ホームズは弟子が欲しそうでしたが・・?

「親愛なるワトソンくん、心配は無用だ」

と、いわゆるホームズっぽいセリフを言っていましたが、それ本当?
 

(Dirty Laundry)

エピソードタイトル原題の「Dirty Laundry」とは、単に洗濯していない「汚れ物」の意味かと思ったのですが、どうやら「公にされるとマズイもの」という意味合いがあるようですね。なるほど。

今回の事件の決め手となった「透明インク」がついたシャツは、まさに「Dirty Laundry」だったということでしょうか。

 

<<< Prev. Episode  Next Episode >>>

 

人気ブログランキングへ
Thank you.

2013/12/29

【エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY】#10 ダイヤモンドは永遠に

"Elementary" #10 The Leviathan 吹替版

今回のエピソードでは、ワトソンさんの母親と兄が登場。ワトソンさんの仕事を、家族はなかなか理解できないようですが・・。

「ダイヤモンドは永遠に」って、007の映画にありませんでしたっけ?
 

(あらすじ) ※番組サイトより引用

ダイヤモンドの取引所から、最新鋭の金庫室“リヴァイアサン”を破って4000万ドル相当のダイヤが盗まれた。そこで、金庫室の製造元であるキャスタリー・ロック・セキュリティ社が、犯人がどうやって金庫室を破ったのか調べてほしいとホームズに依頼。リヴァイアサンは4人組の泥棒チームによって過去にも1度破られているという。ホームズは、最初の犯行グループが金庫破りの秘密を売ったに違いないと考えるが・・。

(以下はネタバレの感想です)

(破られた金庫)

金庫の名前の「リヴァイアサン」ですが、何だっけな~と思って調べたら、旧約聖書に出てくる海の怪物の名前のようです。映画や本のタイトルにもあったような気がします。

そんな凄い名前がついている金庫ですが、二度も破られてしまったため、ホームズのところにその理由を解明するように依頼が来ます。

不思議な話でしたが、何と1回目の事件の陪審員たちが、証拠品を見て金庫の破り方に気づき、同じように強盗団を結成したということですね。なぜか仲間割れをして、一人が仲間を消し始めていたようですが。

しかし、現場に残されていた鼻血のDNA鑑定結果は、全く関係がない牧師さんのものでした。なぜ?

実は牧師さんは骨髄移植のドナーになっており、強盗団のメンバーの一人が移植を受けていました。移植を受けると、血液がドナーのDNAになっちゃうんですね?!知りませんでした・・
ちょっと怪物っぽいということで、エピソードタイトル原題にもつながるんですかね?

今回は、ちょっと偶然が重なりすぎているエピソードのような気もしましたが(笑)

さて、プログラム言語の名前で出てきた「マレボルジャ」は初めて聞いた言葉でしたが、ダンテの「神曲」の地獄篇に登場している言葉なのだとか。うーむ、難解。

途中、謎の「ル・シュヴァリエ」なる人物も浮上し、ピカソのピエタが云々という話も出てきましたが、それはサイドストーリーだったようです。
絵画は少しの間ホームズの部屋に飾られたあと、無事に美術館へ返却。
 

(不可能を除いた残りがいかに意外でも真実)

このフレーズ、ホームズものではよく出てくるような気がします。

BBC「SHERLOCK」では、シャーロックのサイト(The Science of Deduction)のトップページにも、似たような文言が掲載されています。

When I've eliminated the impossible, whatever remains, no matter how mad it might seem, must be the truth.
 

(ワトソンさんの家族)

今回はワトソンさんの母親と兄が登場。色々あって今の「付き添い」という仕事をしているワトソンさんとは、あまりわかりあえていない様子でしたが、ホームズが食事会に同席し、色々とうまく説明したようです。

「付き添い」というよりも、ホームズがしている特殊な仕事にワトソンさんがイキイキと順応していると、母親は気づいたようです。今後、ワトソンさんは本格的に探偵の助手になるんでしょうか?
 

(双子のリンチ姉妹)

ワトソンさんが朝に階下で出くわしたのは、半裸でホームズのクローバーTシャツを着ている女性。さらに、ホームズのものらしきシャツを羽織った同じ顔の別の女性もいました。彼女たちは、グウェンとオリビアという双子の姉妹で、ホームズの「研究対象」らしい(笑)

夜に誰かがピンポーンと訪ねてきたとき、ワトソンさんがホームズに「三つ子?」と聞いたのが笑えましたよ・・
(^ ^;)
 

<<< Prev. Episode  Next Episode >>>

 

人気ブログランキングへ
Thank you.

2013/12/24

【エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY】#9 瞳の中の暗殺者

"Elementary" #9 You Do It To Yourself 吹替版

今回のエピソードは、容疑者が二転三転、犯人が最後まで全くわかりませんでしたが、真犯人はまさかの・・。
さすがに予想できませんでした。でもこのパターン、ミステリーでは時々あるような気もします。
(^ ^;)

(あらすじ) ※番組サイトより引用

空きビルで両目を撃ち抜かれた男性の死体が見つかる。被害者は大学の東アジア専門の大学教授、トレント・アナンジオ教授。中国人のジュンを妻とし、小さな娘もいる。ジュンは犯人に心当たりがない様子だったが、両目を撃つという殺害方法は怨恨によるものと思われた。ホームズはアナンジオが中国系の賭博場に入り浸っていたことに気付き・・。同じころ、ワトソンは元クライアントのリアムから連絡を受ける。

(以下はネタバレの感想です)

(両目を撃たれた教授)

風邪を引いたのか、発熱で気分が悪そうなホームズでしたが、退屈の方が体に悪いと、ヘロヘロと現場にお出かけ。「退屈」はホームズ作品のキーワードかも。

教授を実際に撃った男はすぐ見つかりましたが、彼は「謎の人物」に雇われたのだと主張。

殺害依頼に使われた使い捨ての携帯電話が、教授の助手の部屋から見つかりますが、助手は知らないと言いつつも、なぜか自白。

その助手と浮気していた教授の妻は、助手がそんなことをするはずはないと主張。教授は妻を虐待しており、ビデオもあると妻は言い出しますが、PC内には動画が見当たりません。妻がウソをついているとも思えず・・。

というわけで、容疑者がいなくなってしまいました。
(? ?)

何と、サディストの教授は、妻が助手と浮気をしていること、そして自分が不治の病で余命数ヵ月ということを知り、最後に一芝居を打ったのですか?!
教授を殺すように依頼されて結局辞退した男が仕掛けていた隠しカメラには、教授がカネを持ってくる映像が映っていました。

うーむ、何という自作自演!最後の最後まで、妻を苦しめようとするとは。読めなかった・・
(= =)

ヒドイ目にあわされた妻と助手でしたが、すぐに結婚すれば妻の強制送還はないだろうということで、結局はめでたしめでたし。彼ら二人にとっては、最終的にはハッピーエンドだったのかな?
 

(ワトソンさんの元カレ)

ワトソンさんの元クライアントのリアムという男が車の当て逃げ容疑で拘束されたらしく、彼女のところに助けてくれと連絡が入ります。彼はクスリがまだやめられず、事故のことは覚えていないのだとか・・。

リアムは元クライアントというよりも、ワトソンさんの元カレだったようです。怪我がきっかけでクスリにハマったのでしょうか?
ワトソンさんは何度も失望させられたのか、もう力にはなれないと突き放しますが、結局はホームズの助けも借りて彼の容疑を晴らし、病院も紹介します。

しかし、リアムは予約した病院には現れないのでした。切ないなあ・・。薬物中毒は深刻な問題として、アメリカのドラマでは本当によく登場しますね。

ワトソンさんを気遣っているのか、自分も他人事ではないからか、ワトソンさんと一緒にリアムを待つホームズが印象的でした。
 

(You Do It To Yourself)

今回のエピソードタイトルの原題「You Do It To Yourself」ですが、見終わった後には、あれ?タイトルが既にネタバレだったのか?とも思いましたが、なかなか更生しようとしない(できない)リアムのことを指しているような気もします。ワトソンさんも、私のためにではなく、自分自身のためにちゃんとしてと言っていたような気もしますし。

詳しくは知らないのですが、レディオヘッドの曲に同名の曲があるようです。何となくウツウツとした曲ですなあ・・。PVも謎です。

Radiohead - Just (You Do It To Yourself)

http://youtu.be/-_qMagfZtv8

 

<<< Prev. Episode  Next Episode >>>

 

人気ブログランキングへ
Thank you.

2013/12/22

【エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY】#8 長すぎた導火線

"Elementary" #8 The Long Fuse 吹替版

いかん!また鑑賞が滞りがちになってきました。一話完結ドラマって、つい録画をためてしまいます・・
(^ ^;)

今回のエピソードでは、ワトソンさんがあと3週間でホームズの「付き添い」が終わりということで、自分が去った後のことを整えようとしていますが・・?
 

(あらすじ) ※番組サイトより引用

ワトソンの契約が残り数週間となり、ホームズに生涯のアドバイザーとなる“支援者”を探す必要が出てきた。だが、ホームズは乗り気ではない。そんな中、マンハッタンのビルで爆発事件が発生。爆弾の起爆装置に使われたポケベルをホームズが発見し、ポケベルに電話して起爆させた人物が突き止められた。だがその人物は誤ってそこに電話したことが判明。さらに、爆弾が仕掛けられたのは4年前だったことが分かり・・・。

(以下はネタバレの感想です)

(オフィス爆発事件)

ウェブ制作会社のオフィスで突然爆発が起こり、ステキなオフィスが吹っ飛んでしまいました。現場の残骸から、爆弾はなぜか4年も前に作られたことが判明。以前入居していたPR会社が真のターゲットである疑いが出てきます。
爆弾は通風孔の中にあったようですが、入居者が変わったとき、誰か気づかないか・・?
(? ?)

ホームズがPR会社の人事ファイルを調べ、トラブルを起こしていたインド人を発見しますが、彼は過去に失踪していました。彼の家を訪ねたホームズとワトソンでしたが、ホームズが家の壁の不審な点に気づき、何と中にはインド人の死体が~

結局、4年前に作られた爆弾は、そのインド人を亡き者にするために仕掛けられたものだったようです。真犯人は自分の昔の「秘密の職業」の客が偶然入社してきて、ゆすられていたんでしょうね~

それにしても、どうして真犯人は、爆弾を回収しなかったのか?通風孔の奥に入れすぎて取れなかったのか?(笑)
また、そんなに簡単に女手一つで壁に死体を入れて元通りに修復できるか?とも思っちゃいましたが・・。

と、個人的にはツッコミどころが多いエピソードだったような気がします。
 

(ホームズの「支援者」探し)

ワトソンさんは契約が切れる前に、ホームズの「支援者」を探そうとしていますが、どうもホームズは乗り気ではないようで・・。結局はワトソンさんは「付き添い」を延長するのかな?

ホームズは色々と面倒くさい男ですが、「自分一人で解決できる」と言っていました。それ本当?
(= =)
 

(ノボカイン)

爆弾に詰められていた新聞の上部に残されていた文字、ノボカイン(novocaine)。これはクロスワードパズルの「答え」でした。パズルのヒントは、「痛みの敵」。

容疑者の趣味はクロスワードパズルであり、警察で記入した書類との筆跡も一致して、逮捕となったようです。
ノボカインって何だろうと思ったのですが、麻酔薬の商標名のようです。

犯人はホームズに「あなたも依存症?」みたいなことを言ってましたが、彼女はパズル依存症だったということかな?結局はそれが証拠につながってしまいましたね。

 

<<< Prev. Episode  Next Episode >>>

 

人気ブログランキングへ
Thank you.

2013/12/08

【エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY】#7 忘れたい過去

"Elementary" #7 One Way To Get Off 吹替版

今回のエピソードでは、過去にグレッグソン警部が関わった事件で、冤罪の可能性が浮上。しかも当時、グレッグソン警部は証拠を捏造したのかという疑いが・・?
 

(あらすじ) ※番組サイトより引用

ワトソンがアイリーンの名前を聞き出したことを怒り、ホームズはろくに口をきかない。事件の依頼が来た朝、彼は彼女を置いて出て行く。事件は二重殺人で、裕福な夫妻が頭に枕を巻かれ銃で殺されていた。犯行の手口は1999年に起きたウェード・クルーズによる殺人事件と同じだったが、クルーズは現在服役中。当時犯人を逮捕したグレッグソンは模倣犯と見ていたが、ホームズはクルーズに共犯者がいたと推測して……。

(以下はネタバレの感想です)

(過去の連続殺人事件の続き?)

今回の犯行の手口が過去の連続殺人事件と酷似していたため、現在服役中のクルーズは真犯人ではないかもしれないという疑いが出てきます。真犯人が今回の事件を起こしているのか・・?

ある男が滞在している宿の部屋の床から、凶器の拳銃が出てきたため、この男が真犯人かとも思われましたが、彼は単眼であることをホームズが見抜き、彼が銃を正確に撃つ事は不可能であることが判明。

また、昔は読み書きができなかったクルーズが小説の引用をしていたため、ホームズが刑務所の図書館を調べると、クルーズのかつての不倫相手の息子が支援団体に所属していました。彼の目がクルーズと同じ青であることから、実の父親はクルーズであるとホームズは考えます。

どうやらクルーズは息子にアレコレと教えて過去の事件とそっくりな犯行を実行させ、自分は無実であることを主張する計画だったようです。それにしても、あっさり指示に従って殺人を犯すとは、息子も「血」を受け継いでいるとしか思えないな~
(= =)
 

(グレッグソン警部が証拠捏造?)

なんと、過去の事件現場で発見されていたクルーズの指紋がついたマグカップは、警察が取り調べ時にクルーズに出していたマグカップと同じであることにホームズが気づきます。

証拠捏造か!?シブいグレッグソン警部がそんなことを・・。と思いきや、どうやらそれを実行していたのは、パートナーであった女性刑事の仕業だったようです。うーむ、警察コワイ。

そんなこともあったせいで、今回の事件が解決しても、グレッグソン警部はあまり嬉しそうではありませんでしたな・・。
彼は筋を通す人のようで、ますますステキです(笑)
 

(ホームズとアイリーン)

大人気ないホームズの態度にもめげず、ワトソンさんは彼がかつて滞在していた更生施設を訪ねて「アイリーン」のことについて調べます。彼女も探偵っぽい!

庭師からアイリーンからの手紙を預かったワトソンさんは、読まずにホームズに渡したようです。誠実だわ~
しかし、ホームズは手紙をジューサーに突っ込んじゃいましたよ?!(笑)

うーむ、そんなにイヤな思い出なのか・・と思われましたが、ラストシーンでホームズが言うには・・

「死んだんだ。・・親しかった。死を受け入れられなかった。」

あれっ、このドラマでは、アイリーンはもう故人なんでしょうか?
でも、意外という感じもしませんでしたが。ホームズ原作でも、何となく「思い出話」のような感じで語られていたような気がするので。
 

<<< Prev. Episode  Next Episode >>>

 

人気ブログランキングへ
Thank you.

2013/11/30

【エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY】#6 危険なフライト

"Elementary" #6 Flight Risk 吹替版

今回は、何とホームズの父親が登場!と思いきや・・。だんだんワトソンさんの推理が鋭くなってきましたよ(笑)

そしておなじみの「あの名前」も登場。
 

(あらすじ) ※番組サイトより引用

警察無線で、小型機墜落事故の一報を聞きつけたホームズ。現場に行くと、乗客3人とパイロットが全員死亡しており、乗客のうちのひとりは事故前にレンチで殴られて死んでいたことが分かる。父親から食事に誘われながらも断る口実を探していたホームズは、積極的に事件の捜査を始める。調査の結果、亡くなった乗客たちは有名法律事務所の弁護士であることが判明。彼らは食品会社の集団起訴を担当していたらしく……。

(以下はネタバレの感想です)

(飛行機事故?)

呼ばれてもいないのに事故現場に駆けつけたホームズ。ヒマな時は警察無線を傍受しているらしい(笑)

墜落現場の乗客3人のうちの一人の頭に殴られた痕があったため、殺人事件として捜査がスタート。当初は機内で殺されたのかと思われましたが、ボイスレコーダーにより彼は座席にはいなかったことが判明、殺されて貨物室に詰め込まれていたとは!

あれ?私ちょっと混乱してしまったのですが、今回はパイロットを消すことが犯人の目的だったということでいいんでしょうか?(麻薬密輸のことがバレたから)

オーナーともう一人のパイロットはグルだったのかな?でもオーナーは罪を逃れるために、こちらのパイロットも消してしまったようですね。
乗客の弁護士たちは巻き添えをくっただけだったのか・・

ホームズは飛行機が苦手なのかな?私もあまり好きではありません。ボイスレコーダーの録音が怖かったです!
(- -)
 

(ホームズの父親?)

ホームズの父親から連絡があり、食事会がセッティングされましたが、ホームズ曰く、「絶対に来ない」。

でもワトソンさんがレストランに行くと、おお!ちゃんと男性がいるではありませんか~。この人がパパか~と思ったのですが、実は彼は役者で、どうやらホームズがワトソンに仕掛けたドッキリだったようです。

怒ってフテ寝したワトソンさんでしたが、朝起きたら部屋にホームズがいます!?そりゃビックリするわ!一応謝りたかったらしい・・
(^ ^;)

それにしても、約束を破るのが常なホームズ父って一体。この後も出番はなさそうですね?
 

(アイリーン)

ホームズが雇った役者が書店勤務であることを見抜いたワトソンさんは彼に会いに行きます。レシートが2割引だったから書店員だとわかったとか!

どうやらこの男はホームズの子供の頃からの知り合いのようで、色々と知っていた模様。

自分のことを話す気が全くないホームズに、ワトソンさんは「"アイリーン"のことを話して」と切り出したところ、ホームズが固まっていましたが・・。

出た、おなじみのこの名前。ここで出てくるんですか!ホームズの薬物中毒と何か関係があるんですかね?そして、どんな「アイリーン」なのか?

 

<<< Prev. Episode  Next Episode >>>

 

人気ブログランキングへ
Thank you.

2013/11/23

【エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY】#5 死の天使

"Elementary" #5 Lesser Evils 吹替版

今回のエピソードでは、ワトソンさんの過去が少しだけ明らかに。優秀なお医者さんだったようですが・・?

ところで、番組冒頭のワトソンさんのナレーション「さ~て、今日の事件は?」を聞くと、ついサザエさんの予告を思い出してしまうのは、私だけでしょうか・・
(^ ^;)
 

(あらすじ) ※番組サイトより引用

チャンドラー記念病院の霊安室で、ホームズは死体を相手に死後のあざのできかたを実験していた。そこへ新たな死体が運ばれてくる。心臓発作で亡くなったらしいが、ホームズはエピネフリンで誘発された殺人だと気づく。彼は被害者がいた病室で証拠を探し、患者に使われていた点滴に処方されていないエピネフリンが注入されていたことを突き止める。だが病院では自然死で片付いており、死人の名前すら教えてもらえず……。

(以下はネタバレの感想です)

(死の天使の正体と「利用者」)

どうやら病院内に、重病患者を安楽死させている「死の天使」がいるらしいということだったので、初登場のワトソンさんの元同僚キャリーがアヤシイ!と一瞬思いましたが、清掃担当の男がエレベーターに乗って再び登場した時点で、あ、コイツかとピンと来ました。

ホームズは前日に床をわざと汚したことを謝りましたが、彼はエレベーターのボタンをたくさん押して降りていきましたね・・(笑)

この男は安楽死を「救済」だと信じ、犯行を重ねていたようですが、一件だけ重病患者ではないケースがあり、ホームズは違和感を覚えます。

実は、病院内に死の天使がいることは「ある人物」が気づいており、医療ミスを隠すために、死の天使は放置、利用されていたのですね!そこまでは読めなかったなあ・・
 

(ワトソンさんの過去)

元同僚の女性医師キャリーの登場によって、断片的にワトソンさんのことがわかってきました。

医師免許は剥奪ではなく、自分で停止したようですね。3ヵ月の停職で済んだはずが、自分で辞めてしまったとは。

キャリーの患者の少女が心内膜炎ではないかとの直感があったワトソンさんは、カルテに勝手に検査オーダーを書き加えたため、術前に異常が見つかりました。優秀なお医者さんではないですか~

しかしワトソンさんは、かつての同僚たちとは距離を置いているようです。ラストシーンでは当時の写真をタブレットで見ていたワトソンさんでしたが、少しためらった後に、全削除。本当に思い出したくないようで、ちょっと彼女が心配。
 

(直感が正しい)

追加検査は必要ないとキャリーに言われて、へこみそうになるワトソンさんでしたが、ホームズに「直感が正しい」と言われ、少々過激な手段を取ったようです。実際、正しかったですね・・!
いかにもホームズが言いそうなセリフなので、原作にもあるのかも。

この二人が互いに影響しあっているなあという印象が残るエピソードでした。
 

(Elementary of エレメンタリー)

番組後のオマケで、新コーナーが始まりました!シャーロキアンのおじさまが登場。例の帽子をかぶっていて、期待を裏切りません(笑)

ホームズの推定誕生日が「1月6日」だというのは知っていたのですが、その根拠が、文学オンチのホームズが二回もシェークスピアの「十二夜」からの引用をしているからクリスマスの十二日後、ということで「1月6日」なんですか!?何だかちょっと頼りない根拠ですね・・
(^ ^;)

 

<<< Prev. Episode  Next Episode >>>

 

人気ブログランキングへ
Thank you.

2013/11/20

【エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY】#4 失踪

"Elementary" #4 Rat Race 吹替版

ホームズと女性ワトソンさんのコンビも見慣れてきましたが、世話の焼ける子供と母親のように見えてきたような気もします。

ワトソンさん、がんばって・・
(^ ^;)

今回の事件は、ホームズがいなくなっちゃいましたよ!
 

(あらすじ) ※番組サイトより一部引用

ホームズと連絡が取れなくなったワトソンが、グレッグソン警部にホームズ捜索の協力を求める。ホームズと彼女の間には契約があり、2時間以上離れないこと、離れても必ず連絡が取れるようにすることという決まりがあったのだ。その2日前、ホームズは投資会社キャノン・エバーソールから、居所が分からないCOOタルボットの捜索を依頼されていた・・・

(以下はネタバレの感想です)

(次々と死亡する社員の謎)

消えた投資会社のCOO(最高執行責任者)を探すお話かと思ったのですが、あっさりと密会部屋にて死体で発見。

そして驚いたことに、過去にも不審な死を遂げた社員が何人も・・

一番怪しまれたファークスという男ですが、過去に不審な死があったときは入院中というアリバイがありました。
しかし、その時の書類の緊急連絡先が秘書のドナになっていたことから、ホームズはドナが犯人だと推理、本人に詰め寄りますが、あっさりスタンガンで攻撃されてダウン。

秘書がボスと自分の昇進のために、次々とライバルを消していたんですね~。今回はさらに、ボスを犯人に仕立て上げ、昇進するであろうライバルの秘書になることを計画していたらしい。ウォール街って怖いわ~
 

(捕らわれのホームズ)

犯人に後ろ手で手錠をかけられてしまったホームズですが、ピッキングの技を使って、手錠を外していました!そんなに簡単にできるものなんでしょうか・・
(^ ^;)

警察も駆けつけます。犯人がホームズのモバイルでワトソンさんに返信したメールの文体が不自然だったため、ワトソンさんが通報したとのこと。
番組冒頭、ワトソンさんが受けたホームズからのメールが略語ばかりでしたから、この展開は読めましたね!
 

(グレッグソン警部)

警部はシブくていいですな~(笑)

ホームズは薬物依存症の件をグレッグソン警部には恥ずかしくて言えなかったとのことでしたが、警部は知っていたようです。いつか話してくれるだろうと、待っていたらしい・・。

この点は、ホームズの鋭い推理は働かなかったみたいですね!

 

<<< Prev. Episode  Next Episode >>>

 

人気ブログランキングへ
Thank you.

2013/10/27

【エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY】#3 消えた誘拐犯

"Elementary" #3 Child Predator 吹替版

以前、記事でもご紹介しましたが、WOWOWさんで募集していた先着プレゼントの「エレメンタリー」のプレスシートが届きました!ありがとうございます~。

B5オールカラーで表紙含めて全10ページ。少し先の、ネタバレ気味な余計なことまで書かれていました(笑)。ここではヒミツにしておきます!
(^ ^;)
 

(あらすじ) ※番組サイトより引用

2005年に始まった連続児童誘拐殺人事件。犯人は子どもをさらった場所に風船を残していったことから“風船男”と呼ばれており、6人の子どもが犠牲になっていた。今回新たにマリアナ・カスティーリョがさらわれ、ホームズに捜査の依頼が来る。マリアナが誘拐されたとき、両親とも外出していたことが分かるが、ホームズは父親が元愛人と家の近くで話していたことを見抜く。ホームズは元愛人にも事情聴取をし……。

(以下はネタバレの感想です)

(風船男の正体)

子供の誘拐モノは、緊張感があってハラハラします。今回のお話は、色々とちょっとヒネってありましたかね!

被害者が加害者に好意を抱くようになるというパターンは、「クリミナル・マインド」で何度か見たような気がします。今回は、最初に誘拐された少年が共犯となるだけでなく、主従が逆転するというケースだったのですね!あまり見たことがありませんでした。

うーむ、もともとそういう資質を持った少年だったのか、誘拐されて心が歪んでしまったのかはよくわかりませんが、自分を誘拐した男を差し出して免責を狙うなど、なかなかの切れ者でした。

しかし最後はホームズに免責要件(「共犯」であること)を満たさないケースがあることを指摘され、少年はお縄となったようです。元祖風船男が入院中に、少年は一人で犯行に至っていたのですね。
 

(ホームズの聞き役)

ワトソンさんが話しかけても、ウルサイ黙れとシャーロックは嫌がっていましたが、次第に話し相手として認めるようになります。

以前は胸像に話しかけていたみたいですね!?そういえば、ホームズ原作の「六つのナポレオン」という作品に、胸像が出てきませんでしたっけ?
 

(アンダース?)

ホームズが容疑者に語って聞かせた、寄宿学校で苛められたという作り話に出てきた先輩の名前が「アンダース」で、思わず「SHERLOCK」の鑑識アンダーソンを思い出したのは、私だけでしょうか?
(^ ^;)
 

<<< Prev. Episode  Next Episode >>>

 

人気ブログランキングへ
Thank you.

より以前の記事一覧

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お気に入り俳優さん出演

10ヵ月以上前の月

  • ↓「バックナンバー」クリックで表示されます
    (2011年9月~)