フォト

管理人Mのお気に入り


  • Pen
    2015年12月号
    007 スペクター特集


  • ミステリマガジン
    2015年7月号
    海外ミステリ・ドラマ・ガイド


  • ムービースター
    2015年5月号
    英国俳優特集


  • SCREEN 2015年4月号
    ベネさんチューリング別冊


  • シャーロック・クロニクル
    日本語版!豪華本


  • ELLE JAPON 2015年2月号
    ベネさん特別版


  • CUT 2015年1月号
    ゲイムービー特集


  • CD付 英語でシャーロック!
    ENGLISH JOURNAL 2015年1月号増刊


  • 映画秘宝 2015年1月号
    名探偵特集


  • SCREEN 2014年12月号
    第2回英国男優総選挙

ピックアップ

  • ついに週刊誌の表紙!

    AERA(アエラ)
    2013年 9/2号

  • ベネさん表紙・ポスター・来日特集!

    スクリーン
    2013年10月号

  • マーティンさん本!

    マーティン・フリーマン
    FLIX special

  • ベネさん&マーさん本!

    Benedict Cumberbatch & Martin Freeman Complete

  • ついに!マーさんが表紙!

    SCREEN(スクリーン)
    2013年 8月号

  • 再び、ベネさんが表紙!

    ムービー・スター
    2013年7月号
    しましま靴下ベネさん
    (記事はコチラ)

  • ついに出た、ベネさん本。

    シャーロック&ベネディクト FLIX special
    発売中
    (感想はコチラ)

  • SHERLOCK:表紙再び。ミステリマガジン2013年4月号
  • シャーロック(BBCドラマ):ケースブック

    日本語版ケースブック!
    (記事はコチラ)
    必携の公式ガイドブック
    (原書の記事はコチラ)

  • イギリスびいきのブログです

    "SHERLOCK"出演クッション
    (記事はコチラ)

当ブログ必修科目

  • SHERLOCK (シャーロック)

    2014年5月、第3シリーズ放送予定(NHK-BSプレミアム)

  • Tinker Tailor Soldier Spy (裏切りのサーカス)

    2012年4月21日全国公開・DVDリリース済

  • CRIMINAL MINDS (クリミナル・マインド)

    シーズン8放送中(WOWOW)

ランキング参加中

ネタバレについて

  • 海外ドラマ・映画の記事はネタバレですのでご注意下さい(基本的には国内放送・公開後)。 意図的に黒色テキストを使用している場合があります。カーソルで反転させてお読み下さい。
無料ブログはココログ

カテゴリー「13.シャーロック・ホームズ(ハリウッド版)」の2件の記事

2012/04/20

【シャーロック・ホームズ シャドウゲーム】お笑い度とシリアス度が共にアップ?ホームズ映画の第二弾

"Sherlock Holmes: A Game of Shadows" 2011年 アメリカ 監:ガイ・リッチー

前作は、イケメンすぎるホームズとワトソンに驚いて映画館に行く機会を逃したのですが、続編となるこの「シャドウゲーム」は、大きなスクリーンで見てきました。

慣れたせいか違和感はなかったのですが、ホームズがますます面白キャラへと壊れていっているような気がするんですけど(笑)

アクション・エンターテインメントな作品でした。前作よりスケールアップしている感じです。
原作を思わせるセリフやシーンが、前作より多かったような気がします。

(あらすじ)
19世紀末、ドイツとフランスの緊張関係が続く中、各地で何者かによる爆破事件が相次いでいた。世界各地での未解決事件も多く、世間が騒然とする中、ホームズ(ロバート・ダウニー Jr.)だけは黒幕が犯罪界のナポレオン、モリアーティ教授であることを確信していた。
ある日、結婚式を翌日に控えたワトソン(ジュード・ロウ)は、付添人であるホームズ主催のお祝いパーティーに共に出かけるが、例によってまた事件に巻き込まれていく。
フランス・ドイツと舞台を移しながら、ホームズとモリアーティは、最終決戦の地、スイスへ・・!

Sherlock Holmes 2: A Game of Shadows Trailer

(以下はネタバレの感想です)

(劇場で一度見たきりなので、勘違い等があるかもしれませんがご容赦を・・)

何だかコメディ度が増したかな?という印象があります。
ホームズが面白キャラですよ・・。ベーカー街の部屋はジャングルみたいになっているし。
全身タイツのような格好で、部屋の一部になるその「隠れ蓑の術」は一体何ですか?!(笑)
女装まで・・。そして成り行きで(?)ワトソンくんとイチャイチャしてたなあ(笑)
ブロマンス需要に応えたらしい・・

ワトソンくんは相変わらず男前です。微妙なセンスの手編みマフラーがいいですね(笑)
原作通り、ついに結婚しちゃったんですね!
ホームズが寂しそうだったなあ~。彼に付添人をさせるなんて、このワトソンくんはやっぱりドSだ・・。
ところで、ワトソンくんは大砲も撃てるんだね・・?!

ジプシーの占い師役は、スウェーデン版「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」でリスベット役だった彼女です(ノオミ・ラパス)。
リスベット役が強烈すぎたので、どうしてもおとなしく見えてしまいますね。かなり闘っていましたが。彼女はパンク・ファッションの方が似合うかな?

ホームズはコメディ色が強くなっていますが、悪役陣は結構シリアス・・。
そのおかげか、単なるおバカ映画にはならずに済んでいるような気がします。

モリアーティ教授(ジャレッド・ハリス)は見た目が原作イメージとはちょっと違うのですが、それはそれで、知的でかつ冷酷なキャラがなかなかよかったと思います。私は知らなかったのですが、かなり有名な役者さんのようですね。
教授は音楽好きなのですね?シューベルト「鱒」を歌っていたなあ?

どちらが漁師でどちらが魚なのか?

教授の右腕、狙撃の名手のモラン大佐(Paul Anderson)もよかったです。この役者さんはどこかで見たような気がしたのですが、うーむ、気のせいか?パンフにも説明が載っていないし。
モラン大佐はハッキリとは死んでいなかったような気がするので、この映画の続編があるならまた登場するかも?
原作では「空き家の怪事件」(滝の後のお話)に出てくる人だったような気がします。

ところで、私はライヘンバッハの滝まで出てくるとは全く知りませんでした!
なので、「最後」はどうなるの?!と、途中からちょっとハラハラしてしまいましたね~。

滝の上でのホームズと教授のチェス対決はなかなかよかったですね。そしてお互いを読み合っての想像上での闘い。
でもまさか、原作通り二人で「こうなる」とは思わなかった!キャー!?

・・葬式?まで出され、いきなりのシリアス展開!?と思ったのですが・・

THE END

ホームズ・・。なにこのラスト(笑)

これはきっと、続編がありそうですね・・?

(オマケのつぶやき)
・マイクロフト兄ちゃんが裸でウロウロしている意味がわからん(笑)。でも彼のビジュアルはすごく原作に近いような気がする。
・メアリーはホームズとワトソンのコンビに順応していてよかった。なかなかの活躍でした。さすが犯罪捜査官アナ・トラヴィスの人です。
・アイリーン・アドラーは死んじゃったのかなあ?モリアーティがそう言っていただけだからなあ・・?
・滝の上の城のような建物は、ありえませんがすごく印象的なビジュアル。
・前作を見た時も思いましたが、エンディングの写真から起こしたイラストと、筆記体がいい感じ!

 

人気ブログランキングへ
Thank you.

2012/03/06

【シャーロック・ホームズ】とても面白いが「何か」が違う気がする、ハリウッド版ホームズ映画

"Sherlock Holmes" 2009年 アメリカ 監:ガイ・リッチー

まもなく続編の「シャドウゲーム」が公開されるハリウッド版「シャーロック・ホームズ」の第一作をやっと鑑賞しました。

どうしてもビジュアルが受け入れ難く、なかなか見る気になれなかったのです。ホームズとワトソンがイケメンすぎて(笑)。特にワトソン君がジュード・ロウというのはびっくりしました。
そしてなぜ二人とも武闘派なのか・・!?

しかし作品を見もしないでアレコレ言うのもよくありません。それに、続編が作られるということは、それなりに面白い作品なのでありましょう。
ということで、心を無にして鑑賞いたしました。

それなりに、面白かったですよ!でも・・、といったところですかね。

ところで、私が予想していたほどの「ブロマンス」ではなかったかな。ラブラブだって聞いていたので・・(笑)

(あらすじ)
19世紀末のロンドン、ホームズとワトソンは、怪しげな魔術を使って女性を殺害していたブラックウッド卿を捉え、絞首台へと送り込む。しかし死んで埋葬されたはずのブラックウッド卿の遺体は墓から消え、代わりにアイリーン・アドラーが探していた男が棺に入っていた。ロンドン中が大騒ぎになる中、ホームズは婚約中のワトソンを巻き込みつつ、謎の解明に挑むのだが・・?

Sherlock Holmes - Official Movie Trailer

(以下はネタバレの感想です)

もうこれは、いい悪いではなく、好みの問題でしょう。
私はジェレミー・ブレット様が初期設定の「ホームズ」なので、やはりロバート・ダウニーJr.のこのホームズは、ホームズじゃないんだよな~といった感じです。
でもチャーミングで素敵な探偵さんです。もちろん格好いい。特に黒い丸メガネが似合っていました。
彼は普通にアイリーン・アドラーが好きなんですね。意外だ(笑)。でも相棒がいなくなったら寂しいので、ワトソンには結婚してほしくないといったところでしょうか?

ワトソン君がなかなか凶暴じゃないですか!?結構冷たいし、ドSっぽいですよ。性格変わってないか・・?(笑)これもまた、新たなキャラクターのような気がします。原作ではこんなに暴れていたかなぁ~?
そしてもちろん、ジュード・ロウは美形で格好いい。目の保養になりますねぇ。

私が驚いたのは、ワトソンのお相手のメアリーが、以前記事にも書いた「犯罪捜査官 アナ・トラヴィス」の主役、ケリー・ライリーじゃないですか!さすがに雰囲気がちょっと違いましたが。
何か事件に関係あるのかな~と思って見ていたのですが、そういうトラップのある作品ではなかったですね。

アイリーン・アドラー(レイチェル・マクアダムス)が登場したのは意外でした。なんでモリアーティー教授の手先?と思ったのですが・・?
キャラクター以外は、ほぼオリジナルという理解でよろしいのでしょうか?小ネタは原作が入っていたようですけれども。

ブラックウッド卿(マーク・ストロング)の髪型がジェレミー・ブレットのホームズに似ていたので、彼の方がホームズっぽいと思ったのは私だけでしょうか。ダークサイドに落ちるとこうなりますという感じで(笑)。
なかなかステキな悪役さんでしたね。調べましたら、なんと「裏切りのサーカス」にも出ているようです。また楽しみが増えた・・

ハリウッド映画らしく、ドッカンドッカンな見せ場がたくさんありました。大画面で見たらもっと面白かったかも。ちょっと過剰演出っぽい気もしましたが・・
セットやCGは豪華でしたね~。音楽もなかなかステキ。なおエンディングのイラストの雰囲気がすごくいいと思いました。

あまりホームズっぽくないホームズ映画でしたが、新解釈ということで、単純に楽しめました。ホームズブランドは強し、ですね。
続編「シャドウゲーム」もそのうち見ると思います。

でもやはり、BBCの"SHERLOCK"ほどの驚きと感動はなかったかな~。

 

人気ブログランキングへ
Thank you.
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お気に入り俳優さん出演

10ヵ月以上前の月

  • ↓「バックナンバー」クリックで表示されます
    (2011年9月~)